« 台風一過 | Main | 70個のお弁当配達 »

September 08, 2007

稲刈りの取材

Dsc01396朝、定食の準備をした後、チエコさんに急きょ延長をお願いして、まだ日のある3時過ぎに稲刈りの取材に行ってきた。台風で日程がずれてしまい、どうしても土曜日のうちに取材をしておかないと、原稿の締め切りに間に合わなかったのだ。ミレーで人気のある美味しい多古米を作っている農家さんの田んぼに行ってきた。今年は日照時間が多く成育が早かったため、例年よりも稲刈りを始めるのが早かったそうだ。
稲刈りを待つばかりとなっていた田んぼに、台風9号が直撃したので、稲たちは大丈夫だろうかと心配だった。あの強風と雨に稲もやられてしまったのではないかと田んぼを見ると、ちょっと倒れている稲もあったけれど、ほとんどが元気よく育っていたので安心した。
今回、案内していただいたのは谷津田が広がる静かな田んぼ。「回りの農家さんは台風の前に稲刈りを終わられているので、この辺りで稲刈りが残っているのは家の田んぼだけだよ」と笑っていた。収穫を今か今かと待っているこうべを垂れた黄金色の稲穂は本当に美しい。稲刈り前の田んぼは私の一番、好きな自然の光景だ。夕方の光を受けて輝いている稲穂をそのまま手の平に乗せてみる。ここに命の源がギッシリと詰まっているのだ。
明日は70個のお弁当の配達がある。かなりの量だ。取材を終えて店に戻ったら、6時を過ぎていたのに、明日のお弁当の下ごしらえをチエコさんとイズミちゃんが残ってやっていてくれた。戻るなり私も準備の続きに取りかかる。夜は急きょ、用事ができて実家に泊まりに行くことに。明日の朝、早くに帰ってくるつもりだ。

|

« 台風一過 | Main | 70個のお弁当配達 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16392124

Listed below are links to weblogs that reference 稲刈りの取材:

« 台風一過 | Main | 70個のお弁当配達 »