« 祭りの後片付け | Main | 台風一過 »

September 06, 2007

ふらりと会津に

Dsc01334お待夜祭がようやく終わったし、実家の片付けもなんとか一段落したし(もちろんまだまだやることはあるけれど、取り合えず一階だけはかろうじて片付いた)、父も転院してようやく落ち着いてきた・・・。ここら辺でまたどこかにふらりと出かけたいなあと思って、お祭りの後、ちょっとだけお休みを入れておいた。本当は暑いうちに八丈島にダイビングをしに行きたかったのだが、台風が接近していたので諦めた。
でも気持ちはすっかり海に行くつもりでいたので、台風だとわかっても他に行きたい場所が中々思いつかなかった。それで急きょ、福島に住む友達タッコちゃんに会いに行くことにした。風楽にも青大豆や青しそを送ってくれている25年来の友達だけど、ここ数年、ずっと会えなかったのだ。さっそく電話をすると、今は病院でヘルパーをしているタッコちゃんは5日の朝には夜勤明けで体が空くから、10時頃、喜多方の駅で待ち合わせということになった。
何も考えずに軽い気持ちで約束したものの、喜多方に朝、行くためには前の日のうちに福島に行っていないと間に合わない。急に行くことを決めたのはいいけれど、さて、前日はどうしよう?車で那須に出てオーガニックのカフェを回ってから行こうか、いわき方面から行こうか、夜になってからいろいろルートを考えたのだが、朝、喜多方に行くには会津若松か郡山あたりに泊まらないと無理そうだということがわかった。
それで4日は会津若松まで行って、路線バスで市内を見て回り、夜は東山温泉に泊まることにした。写真は会津松平氏の庭園で「御薬園」と呼ばれている。当時の藩主が別荘を建て、その庭で治療に使えるよう薬草を栽培していた場所だ。現在では薬草の標本庭園の他、お茶室があったり、薬膳料理も予約で食べられるようになっている。静かないい場所だった。
次の日は電車で喜多方に出て、久しぶりに会えたタッコちゃんと合流。日中は一緒に温泉に浸かりながら、夜はタッコちゃんの家に泊まって、ずっと話し続け、食べる・しゃべる・浸かる三昧だった。
タッコちゃんの家は農家ではないけれど、お父さんとお母さんが野菜をいろいろ作っている。それで目下の悩みはとにかくお二人が野菜をたくさん作りすぎてしまうことだとか。毎日、野菜に感謝して食べたいのに、食べきれないほど野菜ができちゃうから、もう野菜に追われて大変~!とのこと。私からしてみたら贅沢な悩みに思えるのだけれど、田舎ではほとんどの人が野菜を作っているから、野菜をあげる人を探すのも一苦労で、結局、最後はダメにしてしまう。それがすごくもったいなくてストレスになっちゃう・・・のだそうだ。
それで私も野菜をたくさんいただいて帰ろうと思い、カバンの中に詰め込めるだけ野菜を詰め込むことにした。カボチャ2個、ゴーヤ5本、トマト8個、アスパラ、オクラ・・・何だか重たい野菜ばかりだ。喜多方は晴天で真夏のような暑さ。とても台風が来ているなんて思えなかったのだが、私が戻る頃には千葉県も暴風域に入ってしまった。この重たい荷物を持ってカサをさして果たして駅から歩けるのだろうか・・・・とちょっと不安になりつつも、たっぷりの野菜と共に大雨になる前に無事、帰宅することができた。
今回も台風と私は急接近。なぜか私が出かける時はいつも台風がやってくる。別れ際にタッコちゃんにも言われた。「今回は我が家にも突然、台風が上陸したわ~賑やかな台風だったこと!」。やっぱり私は台風の目?なのかもしれない。

|

« 祭りの後片付け | Main | 台風一過 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16363733

Listed below are links to weblogs that reference ふらりと会津に:

» 東山温泉 [東山温泉]
東山温泉 [Read More]

Tracked on September 08, 2007 at 06:46 AM

« 祭りの後片付け | Main | 台風一過 »