« バナナとキャロブのケーキ | Main | グルテンミートのメンチカツ »

October 23, 2007

きのこ狩りへ

Dsc01646金曜日の夜から新潟の妙高高原へきのこ狩りへ行ってきた。数年前に山形の知り合いに教えていただきながら一度きのこ狩りをしたのだが、その面白さが忘れられなかった。だから何とかしてまたきのこ狩りに行きたいとずっと思っていた。ただ歩くだけも気持ちのいい季節、雄大な自然に囲まれた紅葉の山々を歩きながら、次々と美味しいきのこを見つけていくきのこ狩り。そしてそれが夕食のオカズになるのだと思えば足取りも軽く、目はひたすら獲物を追い求める・・・のだけれど、地元のおじいさんと一緒に歩いても、なかなか思うようには見つけられないのが都会育ちの悲しさか・・・。
出発した日の夜はあいにく肌寒く雨が降っていたが、早朝に着いた新潟はとてもいいお天気。夜には山間部で初雪が降ったそうだが、紅葉は最高の見ごろを迎えていた。赤、黄色、黄緑・・・と色とりどりの美しい木々の葉を眺めているだけでも感動的な時間だった。特にブナ林は黄色くなった葉っぱの間から光が漏れてきて美しかった。そんな大自然の中をゆっくりと歩きながら、案内してくださる方に教えていただきながらきのこを探し回った。
慣れている人には見えるきのこも、目が慣れていない私はついつい見逃してしまう。それでも朽木からこんもりと生えているクリタケを見つけて大喜び!大量のお土産を持って帰れるほどの収穫にはならなかったけれど、その日の夜に泊まった自炊の温泉宿では、夕食や朝食にきのこ汁やきのこソテー、きのこのサラダ、きのこご飯など、たくさんのきのこ料理を堪能することができた。
Dsc01644私はきのこが好きだから、本当は山ほど収穫してそれを抱えて店に持って帰れたらいいな・・・などと目論んでいたのだが、カゴいっぱいにきのこを狩るのはまだまだ修業が足りないようだ。
疲れた体にはもちろん温泉!野天風呂に入って何軒も温泉をハシゴした。あまりに長く温泉にゆったりと浸かっていたせいか、北国に行ったのに、なぜか日に焼けてしてしまったほどだ。そのおかげで山歩きによる筋肉痛にもならず元気に帰ってくることができた。もうすっかり冬支度の新潟だが、雲一つない青空が広がって、自然の色に染められた美しい山並みを見て本当に素晴らしいひとときを過ごしてくることができた。

|

« バナナとキャロブのケーキ | Main | グルテンミートのメンチカツ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16849556

Listed below are links to weblogs that reference きのこ狩りへ:

« バナナとキャロブのケーキ | Main | グルテンミートのメンチカツ »