« さつま芋掘りの取材 | Main | 大多喜の古民家へ »

October 04, 2007

梅寒天

Dsc01591久しぶりに朝から青空が広がった。秋晴れの日は本当にすがすがしくて気持ちいい。キラキラしている太陽の光を厨房の中からのぞきながら、野菜を切っていた。
だけど意外や意外、今日はものすごくヒマな一日になってしまった。連休前で遠出は控えているのかもしれない。それとも晴れ間を選んで夏物のお洗濯をして衣類の整理しているのかも。
家でも今日はよく乾きそうだったので、Gパンを6本ほどまとめて洗って干してきた。なるべく大物は洗いたくないので、お風呂場の脱衣所に脱ぎっぱなしになっているGパンは子供たちの部屋へこっそり戻すようにしている。そうでもしないと、毎日、3本以上、Gパンを洗うことに追われてしまうからだ。今の若い子たちの潔癖すぎる服の着替え方をいつも疑問に思う。私たちの若い頃はGパンってそんなにしょっちゅう洗うものではなかったような気がする。山歩きでもしたらわかるけれど、暖冷房完備のビルの中で仕事をしているのに、どうして毎日、着替えようと思うのだろうか。匂いや汚れを極端に嫌う清潔志向って何だかヘンだ。衣類の抗菌処理なんて、私からみたらもってのほかなんだけどな。
梅シロップを漬けた時の梅をとっておいたので、種をとってミキサーにかけて細かく刻み、寒天を作った。もう本当に最後の最後の梅だ。エキスが出た後の梅なので、酸っぱすぎるのではないかと思いつつ、一度作ってみたら、さっぱりとしていて美味しかった。やみつきになって、このところ、立て続けに作っているデザートだ。今日みたいな陽気に日にはピッタリ。
明日は久しぶりのお休み。2週間ぶりになる。晴れるといいな。

|

« さつま芋掘りの取材 | Main | 大多喜の古民家へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16659013

Listed below are links to weblogs that reference 梅寒天:

« さつま芋掘りの取材 | Main | 大多喜の古民家へ »