« マクロ仕様のいちじくのクラフティ | Main | 黒豆完成!! »

November 26, 2007

京人参と粒ソバの煮物

Dsc01848時々京野菜が手に入るとすぐに料理してみたくなる。今回は珍しい京人参を買ってきたので、その色を生かすような単独の煮物を作ることにした。でも京人参1種類だけでは寂しいので粒ソバを一緒に入れて煮た。京人参と言っても流通名は「金時人参」と呼ばれており、独特の赤い色がキレイなのでお正月料理などでも重宝されている人参だ。
この色素はカロチンではないので、独自の人参臭さがなく、柔らかくて早く煮えるのが特徴。今日は輪切りに切ったが、ほっくりと煮えるように面取りをした。(もちろん面取りの切れ端はお味噌汁の具として利用した)。もっと気軽に使いたいなあと思うのだが、一本100円くらいなので、普通の人参に比べると割高になる。それに一昔前は作っている人も多かったそうだが、長くて折れやすいので、作るのも大変だということで、農家さんも作りたがらない品種になってしまったようだ。人参の中にもアジア系とヨーロッパ系があるそうで、京人参はもちろんアジア系の代表格。それにしてはヨーロッパ系の人参が主流になっているようだけれど、一年に一度、お正月が近くなると、あちこちで見かけるようになるので、まだ作ってくれている人がいるとわかってほっとする。
甘くて柔らかいので、食べやすいのだけれど、柔らかさは煮崩れの原因になるので、よく見てあげることが、使い方のポイントだろう。今年はお節料理を作る予定がないので、京人参を使う機会はほとんどなさそうだけれど、たまに可愛らしい色に出会えると何だか嬉しい。

|

« マクロ仕様のいちじくのクラフティ | Main | 黒豆完成!! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17196950

Listed below are links to weblogs that reference 京人参と粒ソバの煮物:

« マクロ仕様のいちじくのクラフティ | Main | 黒豆完成!! »