« メイプルメロンパンの教室 | Main | 野菜の煮込みうどん »

November 29, 2007

リンゴケーキと花梨(カリン)の甘煮

Dsc01860今日のデザートはリンゴケーキ。店の店頭でも小さく切ったピースを販売しながら、デザートにも同じものをお出しした。小さめにカットしたので、脇に花梨の甘煮を添えることにした。1ヶ月以上も前になるが手作り酵素を作った時に、たくさん花梨をいただいて使いきれなかったので店に持って帰ってきた。サイの目切りにして喉の痛みの緩和用にハチミツ漬けを作ったのだが、それでもまだ花梨が余ってしまった。花梨は料理には使えないので、手作り酵素を仕込む時かハチミツ漬けを仕込む時くらいしか利用することはない。だけど何かしなくてはと、花梨ジャムを作る要領で、花梨を甘く煮てみることにした。
リンゴのいちょう切りと同じように花梨を切って種を取り除き、その後、よく水に晒してアクを抜く。これによって渋みとエグミが水に流されていくようだ。その後は砂糖を加えてひたすらコトコトと煮込んでいくのだけれど、途中で何度も味見をしても、なかなか柔らかくならないし、エグミが抜けないので困った。最後はあんまりエグイのでアップルプリザーブとレモンをさらに加えて煮続けることにした。2時間ほど煮込んでようやくしんなりしてきたのだが、リンゴのレモンと素製糖の茶色い色で花梨はワインレッドに煮えあがっていた。
噛んでも歯ごたえが残り、よく味わうとちょっと渋味が出てくる。それでも花梨の香りがとってもよくて、他のものにはない独特の美味しいシロップ煮が出来上がった。時々、冷蔵庫から出してつまんでいたのだが、今回はリンゴケーキの横に添えたら赤い色がとっても可愛らしかった。花梨独自のポリフェノールはもちろんのこと、リンゴ酸やクエン酸などの有機酸も含まれているので、疲労回復や咳止めなどにいいようだ。
来年はもっと大量にいただいてきて本格的なジャムを作ろうかな。花梨の甘い香りは何とも言えない美味しさがある。これで今年最後だと思うとちょっと寂しい。

|

« メイプルメロンパンの教室 | Main | 野菜の煮込みうどん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17223613

Listed below are links to weblogs that reference リンゴケーキと花梨(カリン)の甘煮:

« メイプルメロンパンの教室 | Main | 野菜の煮込みうどん »