« リンゴとアーモンドのケーキ | Main | 紅葉と温泉 »

November 08, 2007

今日の一大仕事?

Dsc01774流しの配管のようなわけのわからない写真で、継ぎ接ぎだらけだけれど、これでも前よりはずっとよくなったのだ。
築25年以上もたった貸し店舗を使っているものだから、厨房は不具合も多い。居抜きで借りたのでそのまま使えるかと思いきや、とんでもない誤算だったということに開店準備をしてから気がついた。内装工事の時に、厨房も改造してもらおうと思って厨房専門業者さんに見積もりを出してもらった。冷蔵庫は「一年後に使える保証はありません」と言われ、大型業務用ガスレンジは火がつかず、使えるものと言えば、古いステンの2層式のシンクと調理台のみ。新しくガスレンジを購入したので、ガスの配管をやりなおし、それに合わせて流しの位置を変え、排水工事までしなければならなかった。おまけに使い物にならない大型冷凍冷蔵庫や蕎麦茹で釜、サビだらけの魚焼き用グリル、ガスレンジ、給湯器などを処分することに。それらは全て産業廃棄物扱いなので捨てるのにかなりの出費となってしまった。
そんな誤算からスタートした厨房なので、排水もかなりいい加減で壁にはいろいろな穴が残っていたり、隙間も多く決して使いやすいとは言えない。以前、シンクにつながる配管が亀裂したので交換しようと思ったが、ちょうどいい部品がなく、ホームセンターで代用できるものはないかと探し回った。その結果、太めのゴムホースを縛り付けてだましだまし使っていたのだが、最近、いつも水が詰まるようになってきた。
ない頭を駆使してやっとこさ代用品を見つけて修理した私は、排水が詰まることは知っていたけれど、もうこれ以上この設備ではどうしようもないと諦めていたのだが、チエコさんはそうは思っていなかったようだ。
賄いを食べた後、「いいものを見つけてきたんです!」と言ってグレーの蛇腹の配管を見せてくれた。しかもどの配管にも取り付けやすいようなフードのようなものが付いている。「これさえあれば!」とにわかに排水管工事が始ったのだが、上と下の部分、それぞれの形が合わず、思っていた以上に取り付けに手間取ってしまった。
流しの下に体を屈めて入り込み、とてもやりずらい姿勢で交換するので力も思うように入らない。私は前に大変な思いを経験しているので、そんなに簡単に交換できないとわかっていたのだが、チエコさんは部品さえあれば大丈夫と思っていたようだ。
それでも二人でアレコレない智恵を出し合った。新しい配管の先を切ってねじ込み、その上から今のゴムホースをカバーのようにかけてヒモで縛って何とか形を整えた。プロからみたらママゴトのような仕事なのかもしれないけれど、これでもかなり工夫が見られ、応急処置かもしれないが詰まらずに水も流れるようになった。
スゴイ!っと感動しながら今日の大仕事は料理を作ることよりも排水工事だったねなんて笑ってしまった。部品を買ってきて修理のきっかけを与えてくれたチエコさんにありがとうと言ったら、「いえ、今まで水が流れにくくて迷惑していただけですから~」と笑われてしまった。このハッキリさ?がチエコさんの良さだと思う。
写真だけだとたいしたことないように見えるかもしれないけれど、ホントにかなり大変な作業なんです。お料理作っている方がずっとラクで楽しいわ!ああ疲れた~!

|

« リンゴとアーモンドのケーキ | Main | 紅葉と温泉 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17014762

Listed below are links to weblogs that reference 今日の一大仕事?:

« リンゴとアーモンドのケーキ | Main | 紅葉と温泉 »