« 佐藤初女さん講演会 | Main | キャベツとヤーコンのサラダ »

November 04, 2007

無花果のクラフティ

Dsc01766道の駅で無花果を見つけたので買ってきた。酸味が少なくて優しい甘さの秋の味覚だ。この時期にコンポートを作って楽しんでいる方も多いだろう。そのまま食べるとほのかに甘いのだが、特別に強い香りや酸味があるわけではないので、果物だと思うとなんとなく物足りなく感じてしまう(でもそこが好きという人もいるようだが)。
それで今日はいちじくのクラフティを作ることにした。クラフティとは、フランスのリム-ザン地方ベリー地方の家庭で作られていた果物を入れた焼き菓子のこと。もともとはクレープのような生地を土台にしてサクランボで作られたものだけがクラフティと呼ばれていたが、現在ではいろいろな果物で作られるようになった。卵や牛乳、生クリームなどで作ったクラフティ液の中に、酸味のある果実を刻み入れてオーブンで焼くので、口当たりがスポンジケーキというよりも柔らかいプリンのようだ。合わせる果物によって、クラフティ液の中にヘーゼルナッツやアーモンドなどのナッツの粉末を入れることも多い。今日は無花果の数が少なかったので、タルト台も作らず、ほんの少しのクラフティ液だけで焼いたので、出来上がりも小さめ。でも生の無花果を食べるよりも焼き菓子にした方が美味しくなるような気がする。
昨日の忙しさがウソのような静かな一日で日曜日だとはとても思えなかった。佐藤初女さんの講演会の感動を友達に話したいと思っていたら、ちょうどその友達が店に食事に来てくれた。ヒマだったので私も客席に座って、興奮気味に昨日の様子を話し続けてしまった。嬉しいと感じたことを共有してくれる友達がいるって幸せなことだ。
昨日はかなり忙しかったので、今日がのんびりできてちょっとほっとしている。今夜は初女さんのお言葉をゆっくり反芻する時間が持てそうだ。

|

« 佐藤初女さん講演会 | Main | キャベツとヤーコンのサラダ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/16972513

Listed below are links to weblogs that reference 無花果のクラフティ:

« 佐藤初女さん講演会 | Main | キャベツとヤーコンのサラダ »