« 重曹ブレッド | Main | ベーコンエピとチーズフランス »

December 24, 2007

甘酒まんじゅう

Dsc01947久しぶりに夜の千葉駅の周辺を歩いていたら、街はキレイなイルミネーションに包まれていたので驚いた。あちらこちらでクリスマスモードたっぷりなんだなあと今頃になって実感してしまった。今日はクリスマスイブ。夜は静かに大切な人たちと食卓を囲む一日になることだろう。
毎年、クリスマスになると思い出す一冊の本がある。「サンタクロースっているんでしょうか?」(偕成社)。「サンタクロースって本当にいるの?」という8歳の女の子の質問に対し、ニューヨークにある新聞社「THE SUN」の論説委員が社説にまとめたものが本になっている。もう100年くらい前になるが実際にあったお話だ。
サンタクロースがいるかいないか、信じるか信じないか、それは個人自由だ。だけどこの世の中で思いやりや誰かに喜んでもらいたい、誰かのことを大切にしたいという気持ちというのは、決して目には見えないもの。それを信じるのならば、きっと目に見えないものもあると信じることができるだろう。
家族から愛され、プレゼントを贈ってもらう喜びを体験して育った子供たちは、きっと大人になった時、今度は誰かにプレゼントを贈る人になりたいと思うはず。与えてもらう側から与えられる側になった時、人生はより喜びに満ちたものになっていくのだと思う。私がサンタさんになる喜びを教えてくれたのは他でもない子供たちだ。でも子供の頃に贈り続けてきたプレゼントよりももっともっと大きなものをこちらがいただいてしまったような気がする。
「目には見えなくても、この世に愛や真心あるのと同じようにサンタクロースも確かにいるのですよ」。いつでもそう言う事のできる自分自身でいたい。
今日のデザートはクリスマスっぽくはないけれど、安納芋をマッシュしてあんこを入れた甘酒まんじゅう。砂糖を一切使っていないのにほのかで素朴な甘さが美味しい。

「サンタクロースがいない、ですって?とんでもない!嬉しいことに、サンタクロースはちゃんといます。それどころか、いつまでも死なないでしょう。一千年のちまでも、百万年のちまでも、サンタクロースは子供達の心を、今と変わらず喜ばせてくれることでしょう」
メリークリスマス!


|

« 重曹ブレッド | Main | ベーコンエピとチーズフランス »

Comments

璃璃さんありがとう。
そうなんですよ。おっしゃるとおり、確かに私が20代の頃からこの本はありました!だって1897年のお話なんですもの!100年前のお話と書いたつもりだったのに、ゼロを一つ入力しないでアップしてしまったようです。気が付いてから訂正しておきましたが。ご指摘どうもありがとう。

クリスマスは友達の家で一緒にご飯を作って過ごしました。別にどこにも行かなかったけれど、普通に静かに楽しい夜でしたよ。子供たちはもうそれぞれに用があったりなかったり・・・。もう子供と過ごす時間よりも自分の時間の方がすっかり多くなってきてしまいましたが。
璃璃さんのように優しいお母さんだったら、きっと息子さんは居心地がよすぎて、なかなか出ていかないんじゃないかなあ?
うちは居心地は決してよくなハズなのに、未だにみんな居ますもの。早く全員、独立してほしい。いえ、その前に私が出て行っちゃおうかなあ~??

Posted by: 風楽 | December 26, 2007 at 09:11 PM

えいこさんは どんなクリスマスを過ごされましたか・・?
わたしは二男のリクエストでチキンではなくふたりで焼肉をしました。
来年は二男も家を出て巣立ちしていると思います。
もしかしたら
二男と過ごせるクリスマスは最後?かもしれないなぁ・・
と思いながら過ごしました。
(来年は二男が彼女と一緒のクリスマスだったら
 それはそれでうれしいことなのだけど・・・)

わたしはずっと今までサンタをして来たので
今年も夜更けに二男の部屋のドアの前にそっとプレゼントを置きました。
もしかしたら、、いいえ多分・・
サンタは今年で卒業かもしれません。。。
うれしいような淋しいような・・

「サンタクロースっているんですか」
わたしも知ってましたよ・・
もしかして わたしが今までずっと夜更けのサンタにこだわったのは
若き日にこの本と出会ったからかもしれません・・
(この本に出会ったのは わたしが19歳の時だから・・
 えいこさん・・ごめんね。
 10年前じゃなくて、、28年前にはもうあったわよ^^

Posted by: 璃璃 | December 26, 2007 at 01:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17463407

Listed below are links to weblogs that reference 甘酒まんじゅう:

« 重曹ブレッド | Main | ベーコンエピとチーズフランス »