« 甘酒まんじゅう | Main | マクロビオティック懐石 »

December 26, 2007

ベーコンエピとチーズフランス

Dsc01951今日のパン教室で作ったパンの写真。今回は初めてフランスパンに挑戦。毎回、白神こだま酵母で作っているが、この酵母がフランスパンの生地ととてもよく似合うようで、外側はパリパリ、内側はもっちりのとても美味しいフランスパンが焼き上がった。使う粉は強力粉ではなく中力粉。中力粉を買わずに作る場合は、強力粉と薄力粉を6対4でブレンドすればいいそうだ。
ベーコンエピってどういう意味なんだろうとずっと思っていたのだが、これは麦の意味なのだそうだ。なるほど、よく見ると麦の穂の形にそっくり。成形したパンを焼く時の方法もまた面白い。天板を300度に熱く熱しておいて、一段分は石を天板に並べてカラ焼きしておく。そしてパンを入れた後、そこに挿し水をするのだ。そうすると熱々の石がジュッとなって、蒸気がたつ。その方法で焼くと霧吹きをかけて焼くのと同じ焼き上がりになるのだそうだ。
Dsc01949ちょっと危険?な焼き方のようだけれど、その効果は絶大で?本当に最高に美味しいパンが焼け。思わずたくさん食べてしまって大変だった。クリスマスから今日にかけて、何だか食べ過ぎている。かなりお腹が苦しいハズなのに、それでもまだ食べてしまうなんて、胃袋が広がってしまったのかもしれない。ああ大変~。
なお1月のパン教室はお休みさせていただきます。2月は20日を予定しています。

*明日はスタッフ研修のため、風楽を臨時でお休みさせていただきます。それ以外は年末年始も通常通り営業しておりますので、どうぞお出かけください。

|

« 甘酒まんじゅう | Main | マクロビオティック懐石 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17486681

Listed below are links to weblogs that reference ベーコンエピとチーズフランス:

« 甘酒まんじゅう | Main | マクロビオティック懐石 »