« 有機野菜のけんちん汁 | Main | 干し柿のマクロタルト »

January 06, 2008

成田山へ初詣

Dsc01980成田山の参道を歩いたことがないという友人を連れて、成田山新勝寺へ初詣に行ってきた。参道は車が入れない場合が多いので、ここしばらく行っていなかった。ましてお正月の成田山なんて大勢の人でごった返しているだろうと思って、敬遠していたのだが、3が日も過ぎると、さすがに人出もちょっと落ち着いてきたようだ。
それでもやっぱりお正月だ。寒空の中、たくさんの参拝客が参道を歩いて成田山に向かう。参道のお店では店先にいろいろな試食やふるまい酒などを並べて賑わっていた。大判焼きや手焼き煎餅、甘酒、お漬物屋さんなどが人気があるようで行列ができているお店もあった。鰻屋さんはどこもお昼を食べようとする人がいっぱいだった。宗吾霊堂には仲見世通り的な参道がないので、成田山のように参拝かたがたいろいろな店を見て歩くことができない。お参り途中に、お店だらけ?の参道を歩くことは参拝の楽しみの一つでもある。途中、房総の祭り寿司を実演している店があったので、巻き方を覚えようと、目の前で見ていたのだが、とてもできそうにない。巻き上がりが予測できないような巻き寿司が作れるなんてスゴイなあとひたすら感心してしまった。
新しいお店がいろいろできていたのにも驚いた。久しぶりに来たとは言え、地元なのに知らない店がこんなにあるなんて。
Dsc01979成田山では今年が開基1070年の記念にあたることから、その記念事業として総門を建てる工事がずっと行われていた。昨年の11月に総ケヤキ作りの総門が完成したばかり。私も今回、初めてその門をくぐった。真新しい門をこれから何万人もの参拝客ががくぐっていくのだろう。歴史と共にいい色に変化していくのが楽しみだ。
お参りの後は、成田山公園をのんびりと散歩した。さすがにここまで足を伸ばす人は少ないようで、境内の喧騒がウソのように静かだった。人混みが苦手なので、こういう場所があるとほっとする。参道を歩いていると、なぜかお正月気分になってくる。古木に囲まれた神社をひっそりと歩く方が好きだけれど、たまにはこういうご参拝も楽しいものだ。

|

« 有機野菜のけんちん汁 | Main | 干し柿のマクロタルト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/17598056

Listed below are links to weblogs that reference 成田山へ初詣:

« 有機野菜のけんちん汁 | Main | 干し柿のマクロタルト »