« 人参の擬製豆腐 | Main | 豆腐タルタルソース »

February 13, 2008

台布巾縫い

P1010218お店で使っている台布巾がかなりボロボロになってきた。ところどころほつれてきて、布がちぎれてしまうので、そろそろ雑巾行きのようだ。でも台布巾の買い置きがなかったので、先日、いただいたさらしを使って布巾を縫うことにした(おむつにもなるけれど、しばらくは出番がなさそう?なので)。
さらしの中でもちょっと汚れているものは台布巾用に縫うことにした。使いやすい大きさに折って、回りを縫っていく。縫い物は好きだけど、家ではわざわざ雑巾を縫ってまで使うことはないので(いらないTシャツや古いタオルを適当に切って使い捨てにしている)、こういう単純作業は久しぶりだ。
チクチクと針を動かしていたら、新学期に子供たちに作って持たせた雑巾のことを思い出した。一人2枚ほどを学校に持っていくのだが、4人ともなると、合計8枚。途中からミシンが壊れてしまったので、手で縫うことになり、始業式前の一仕事だった。私はいつも使い古しのタオルで雑巾を縫っていた。しかも石けんで洗っているので、色がどことなく黄ばんでいるタオルだ。
クラスの友達の中には新品のタオルの雑巾を持ってくる子もいて、出す時に恥ずかしかったとよく子供たちから言われた。新品のタオルで雑巾を作るなんて、私の感覚からしたら信じられないのだが、やはり新しくてキレイな雑巾は掃除の時にも人気があったようだ。子供に言われてもひたすらボロタオルで縫い続けていたら、とうとう子供は自分のお小遣いで100円ショップの雑巾を買って学校に持って行った。なんだか複雑な心境だ。
風楽の布巾も台布巾も真っ白ではない。毎日、酸素系漂白剤に漬け込み、石けんで洗っているだけなので、どうしても真っ白にキープすることができない。でもそれでいいのだと思っている。真っ白にするために塩素系漂白剤を使ったり、蛍光増白剤入りの洗剤を使ったり、ましてや界面活性剤入りの洗剤を当たり前に使うような暮らしはしたくない。
それにしても潔癖すぎるキレイ好きさや、除菌製品、油汚れをさっと落とす洗剤?などを見るにつけ、本当のキレイさってそういうことじゃないんじゃないかなとため息が出てしまうのは私だけだろうか?

|

« 人参の擬製豆腐 | Main | 豆腐タルタルソース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/40110481

Listed below are links to weblogs that reference 台布巾縫い:

» 重曹で快適生活スタート [重曹で快適生活スタート]
重曹を便利に使う家庭が増えています。使い方も何十種類もあり、主に日常の掃除や風呂掃除やカビ対策に使って効果があり、しかも経済的にも助かる便利な粉です。市販の入浴剤として使うと肌がツルツルになったり何かと便利な重曹の活用方法を掲載します。 [Read More]

Tracked on February 13, 2008 at 08:25 PM

« 人参の擬製豆腐 | Main | 豆腐タルタルソース »