« 黒ゴマナッツバー | Main | グルテンミートの肉だんご »

February 08, 2008

干し柿のカントリーケーキ

P1010154長い間、ラム酒に漬け込んでおいた干し柿がちょっと固くなってきたので、漬け汁こと煮ることにした。それを細かく刻んでマクロ仕様のケーキを作ることにした。でも毎回、同じ作り方だとつまらないので、少々変化がほしい。それで今回はタルトではなく、スポンジにしてみたらどうかなと考えた。焼き型の一番下にスポンジ台を作って、その上に煮詰めた干し柿を並べる。さらに上には全粒粉と菜種油とメイプルを混ぜてくるみも加えたポロポロのクッキー生地のようなものを作って乗せて一緒に焼いてみた。こういう形のケーキのスタイルを何と呼んでいるのかわからないけれど、何となくトッピングがしてあるようなカントリー風?のケーキが出来上がった。カントリー風という部分と干し柿という組み合わせが実にミスマッチ?かもしれないけれど、干し柿だって立派なドライフルーツ。だからドライフルーツやナッツをたくさん使うカントリースタイルのケーキとしてはピッタリだと思い、勝手に「干し柿のカントリーケーキ」という名前をつけてしまった。
お父さんとお母さん、そしてお子さんたちが集まっているグループの方がお食事にいらした。最近はお父さんも子育てに積極的に参加している。そういう姿を見るととても嬉しくなってくる。当たり前のことなのだけれど、なかなかそれが当たり前にならず大変さを一人で背負っているママもいることだろう。かつて私もその一人だった。
私の子育て時代はバブルの時期と重なって、父親の帰りはとても遅く休みも月2回しかなかった。仕方なく一人で4人の子供たちをお風呂に入れ一人でご飯を食べさせていた。休むことなくあちらこちらへとチョロチョロ動き回る子供たちの世話に追われて、可愛いと思うユトリもなかった。母親が楽しく育児できるのは父親の子育てへの関わり方によると思う。もちろんシングルでも子育てはできるけれど、その大変さと喜びを共にシェアし合える相手がいるとどんなに心強いことか。孤独な密室育児をしていては心から子育てを楽しむことはできないだろう。
未来を担う子供たち。パパにもママにも可愛がってもらって、いっぱいご飯を食べてたくさん遊んで元気に育っていくんだよって、厨房からエールを贈っている。

|

« 黒ゴマナッツバー | Main | グルテンミートの肉だんご »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/40047199

Listed below are links to weblogs that reference 干し柿のカントリーケーキ:

« 黒ゴマナッツバー | Main | グルテンミートの肉だんご »