« ブルーベリーと豆腐のマフィン | Main | お味噌の仕込み »

February 29, 2008

ごぼうとキヌア

P1010365冬の寒い時期にはごぼうが欠かせない。キンピラや炒り煮などは風楽でもよく作っているメニュー。さて、今日は何のごぼう料理にしようかなと考えた。久しぶりにキヌアと合わせて使うことにした。キヌアはほうれん草と同じアガサ科の一年草で主にペルーなどのアンデス地方の高地で栽培されている。インカ帝国時代より「母なる穀物」と呼ばれ、貴重なタンパク源を持つ主食として重宝されてきた。ミネラル、ビタミン、タンパク質、食物繊維を豊富に含んでおり、雑穀の中でも際立った栄養があることから、NASAでは理想的な宇宙食?としても推奨されているようだ。軽いのでパラパラとしているけれど、際立った香りがないので、他の食材ともあわせやすい。私はあんかけの中に粒々のまま入れて何かのかけて食べるのが好きだ。ご家庭ではあわやきびと同じようにご飯の中に入れて一緒に炊いたり、スープの中に入れたりするのが一番食べやすい方法だろう。
ごぼうを5センチほどの長さに切り揃え、ごま油で炒めてから昆布とかつおの出汁で炒り煮をして、最後に塩で炊いたキヌアを出汁で伸ばしてあんかけにしたものを、ごぼうの上からかけてお出しした。白い色を残したかったので、キヌアのあんには醤油を使わず出汁と塩味のみにした。
久しぶりに食べたごぼうが美味しいこと美味しいこと。こんなに美味しい野菜なのにごぼうを食用にしている国は世界の中でも日本と台湾だけだと言うから驚く。やはり何と言っても和食が一番。穏やかな陽射しが春めいていて気持ちのいい一日。久しぶりに朝、仕事前に家の中を大掃除。お天気がいいと体を動かしたくなってくる。ごぼうを食べてお腹も元気に動き出せ~!

|

« ブルーベリーと豆腐のマフィン | Main | お味噌の仕込み »

Comments

キヌアについては詳しいHPがあります。
キヌアの栄養成分、多数のレシピなど。
よろしかったらどうぞ★

Posted by: 雑穀キヌアと女性の健康 | March 09, 2009 at 04:24 PM

たくさんありがとう。
ちょっとブルーな時は誰かが作ってくれた美味しいご飯をたくさん食べると私は元気になります。それとどこか遠くへ行って知らない街の風に吹かれてくること・・・。
そして人生はいい時もあるし悪い時もあるから、どんな時も、いずれまた変わっていくだろうって、ちょっと楽観的になりながら、そういう時は一人でひたすら食べている私です・・・。

Posted by: 風楽 | March 02, 2008 at 05:19 PM

遅くなりました。お誕生日おめでとうございます。
私は、いろいろあって落ち込んでます。

風楽に行ってえいこさんのパワーをもらおう!かな。(泣)

Posted by: たく | March 01, 2008 at 08:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/40313090

Listed below are links to weblogs that reference ごぼうとキヌア:

« ブルーベリーと豆腐のマフィン | Main | お味噌の仕込み »