« トマトソース | Main | マクロナッツタルト »

April 06, 2008

易の勉強

P10106502月からずっとやりたいと思っていた易の勉強を始められることになった。陽と陰で成り立つ宇宙の真理をどのように紐解いていくか。料理をしながら陰陽の調和を考えていくように、筮竹と算木で64個から成る卦の意味を知り、身近な出来事の成り立ちを探っていきたい。
以前から易に興味があったので、易の学校に夜、通うことも考えたけれど、私の性格からいって、個人的に教えていただける方がいたら、その方からマンツーマンで教えていただいた方がいいのではないかと、ずっと信頼できる師匠を探していた。数年前にも易の勉強を始めたいと思ったことがあるが、状況が整わず、結局、実行できなかった。まだ私には時期尚早ということだったのだろう。以来、ずっと易の勉強を始めるきっかけを待っていた。
そんな中、店の一角を使って毎月一回、易占をしてくださる澤 萃花さんとの出会いはとてもタイミングがよかった。店が終わった後、個人的に易のことをいろいろ教えていただくようになって、今日で3回目。まだ卦の名前も覚えられず、こんなんでは先が思いやられるなあ・・・という懸念もあるけれど、いつか料理を作りながら易もできるという易者になることを夢見て?一生かかってもいいから少しずつこの神秘を理解していきたい。
毎回、勉強を始める前に、自分の身近な出来事について易をとっている。今日は初めて筮竹を使って占った。関心のある問題をいい悪いだけの観点ではなく、どのような展開になっていくかという問題点も含めて占う柱のようなものをあらかじめ立てて、それに沿って卦をとっていく。
今日、出た卦はどれも的確に自分の状況に当てはまっていて驚いた。陽だけが並んでも陰だけが並んでも決していい卦とは言えない。ほどほどに、そこそこに、中庸であることに感謝をしながら、欲張らずに身の丈にあった生き方をしていくこと。易によって平穏であることの幸せを改めて知ることができそうな気がする。
奥が深くて難しい易だが、少しずつ自分の知識を増やし、いつか役立てていけるように、しっかり教えていただこうと思う。
なお澤 萃花さんの次の易占の日程は5月5日(月)です。11時~4時。一回30分3000円です。

|

« トマトソース | Main | マクロナッツタルト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/40791654

Listed below are links to weblogs that reference 易の勉強:

« トマトソース | Main | マクロナッツタルト »