« ビーンズマリネ製作途中? | Main | 黒糖のケーキ »

May 25, 2008

無事に終わったアースデイ

P1010940昨日の夜はほとんど寝られなかった。お天気が気になって仕方ないのだ。3時に目覚ましをセットして12時過ぎに布団に入りようやくウトウトしかけた頃、深夜に帰ってきた息子たちの話し声で目が覚めた。まだ1時半だからもう少し寝ようと思ったが、雨の音を聞いているうちに目が冴えてきた。仕方なく起きて真っ暗な厨房に向かう。
開催されるかどうかまだ全くわからない。こんなに本降りだったら、中止になる可能性も大だ。それでも用意だけはしなくっちゃ・・・。迷いつつ玄米を炊き3種類の豆を別々の鍋で煮始める。その間、濃い目のコーヒーを入れて新聞を読む。雨は一時小降りになったり激しく降ったりとまったく音的がよめない。
6時頃までに、青大豆とひじきの玄米ご飯、青ジソのおにぎり、テンペのマリネ、ビーンズマリネ、レンズ豆とカブのカレードレッシングサラダ、ヒヨコ豆のトマト煮、青大豆の塩茹でなどを作ってバットの中に入れる。さすがに作る量は控えたけれど、通常の3倍以上の煮炊きをしているので、あっという間に厨房は蒸気だらけで大汗をかいてしまった。
アリミちゃんが6時半頃に来てワゴン車を出してくれるので、さっそく積荷を始めてもらう。8時に出発した時、雨はほぼやんでいたので、雨具を何一つ持たず、もうこのまま曇り空になると信じていたのだが、千葉に近づくにつれ雨足が強くなって、幕張海浜公園に着いた頃は雨がしっかりと降っていた。
私とアリミちゃんだけだったので、テントを張る時も近くにいた男の人たちが手を貸してくれてとても助かった。アースデイの会場では誰かが困っている時、誰かが自然に手を貸してくれる。そういう温かい雰囲気がとても好きだ。ましてこの雨の中、カッパを着ながら会場を走り回ってくれるボランテイアスタッフの人たち。私たちだけでは準備が終わる前に体がビッショリになってしまっただろう。テントの中にテーブルなどをセッテイングしたが、横から吹き込む雨で食材の入っているダンボールが次々にぬれていく。雨対策としてテントの下にパラソルを入れて、二重の雨よけを作って雨をしのぎ、ビニールシートを横に貼り付け横から吹き込む雨を防いだ。
結局、午前中はかなりの雨が降っていたので出展を見合わせた人も多かったが、ようやく雨があがった頃から人も出始め、にぎやかになり、ご飯やおにぎりはあっという間に売り切れてしまった。マフィンも完売。あいにくのお天気とは言え、こんなにアースデイへの関心が高まっているのかと思うと、こちらの方が驚いてしまう。お店のお客様にも何人もお会いし、感謝感激。出展も少なく全体的にこじんまりとしたアースデイだったけれど、会場全体はとても和やかで楽しい一日だった。自分も地球家族の一員としてできるだけ地球に負荷をかけない暮らし方をしていくこと。一年に一度やってくる誕生日のように、そのことを再び確認することが私にとってのアースデイ。ここまでアースデイを作り上げてくれたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。どうもありがとうございます。

|

« ビーンズマリネ製作途中? | Main | 黒糖のケーキ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/41315292

Listed below are links to weblogs that reference 無事に終わったアースデイ:

« ビーンズマリネ製作途中? | Main | 黒糖のケーキ »