« 野の花を飾る | Main | ウォータービクス »

June 06, 2008

アマニ粒を使って

P1020013キャベツの上にかかっているのは一見、白ゴマのように見えるけれど、これはアマニの粒。フラックスシードとも呼ばれる青い花を咲かせる亜麻仁科の植物の種。紀元前からエジプトで栽培され、その茎の繊維を使ってミイラを包む布としても利用されていたらしい。このアマニ粒をいろいろな野菜にかけて食べるのが最近の私のお気に入り。
原産国は地中海地方だが、現在、出回っているものはカナダ産のものがほとんど。n-3系(オメガ3系)必須脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれている。これは私たちの体内では合成できないので、食品から摂らなければならない必須脂肪酸である。シソ油やなたね油、エゴマやアマニなどに多く含まれているそうだ。
このアマニ、何がスゴイって、α-リノレン酸量が100g中で22、3gも含まれていること。これはゴマの100倍以上に相当するらしい。また食物繊維もゴマの2倍以上。α-リノレン酸は血中の悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きや、ガン細胞の増殖を抑制する働きがあると言われている。また脳梗塞や心筋梗塞、ガンなどの成人病の予防にも効果があるとも言われている。
今日は蒸したキャベツとほうれん草を混ぜて、そこに穂ジソとアマニをふって、出汁醤油で和えた。ゴマのような粒々感が残っていて、芳ばしい味がする。説明しなければ、ほとんど白ゴマに見えるのがちょっと残念?だけど、炒ったりすったりすることなく、そのままで使えるのでとっても手軽。いろいろなアマニレシピを研究しながらしばらくはマイブームが続きそうだ。

|

« 野の花を飾る | Main | ウォータービクス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/41442681

Listed below are links to weblogs that reference アマニ粒を使って:

« 野の花を飾る | Main | ウォータービクス »