« アレルギーの除去食 | Main | 綾戸智絵のライブへ »

July 25, 2008

甦った圧力鍋

P1020408このピカピカの圧力鍋!見るだけでうっとりしてしまう。風楽で使っているのはT-FALオーセンティックという両手鍋18ℓ。それまで使っていた圧力鍋は同じセブジャパングループから出ているラゴスティーナだった。変形したフタの形が珍しいが、慣れてしまうと軽くてとても使いやすい鍋だった。でも家庭用なので容量が小さい。お店を始めるにあたって、なるべく大きな圧力鍋がほしいと思って選んだのが、このオーセンティックだった。
とても重宝してきたが、7年間も毎日、玄米を炊くとなると、おもりの穴にススのようなものがたまってしまうし、パッキンはゆるむし、フタの芯棒がうまく締らなかったりといろいろトラブル続き。パッキンを交換したり、空気の漏れる場所に布巾を置いてみたり、なだめながら?使っていた。おまけにハンドルと取っ手のプラスティック部分も割れてしまい、なんとも無残な形になってしまった。
もうこれは買い直すしかないかなと思ったのだが、大き目の圧力鍋はとても高いので中々踏み切れなかった。メーカーに問い合わせてみたら、点検や修理、部品の取り寄せなどもできるので、とりあえずフタを送ってくださいとのこと。ロングセラーの鍋なのでメンテナンスも充実しているようだ。
それで連休明けに届くように宅急便で送ったら、早くも、今日、キレイに甦った圧力鍋が返送されてきた。なんと迅速な応対。おまけに少し磨いていただいたようだったがまだ少し汚れが残っていた。おもりもパッキンもハンドルも新しくなっていたので、いっそのこと全部磨いて一度、ピカピカにしてあげようと思って重曹を取り出した。そうしたら、なんと写真の通り新品同様の鍋に生まれ変わったのだ!!
ちなみに修理は部品代と合わせて1万円ちょっと。高いと言えば高いけれど、修理して使い続けることができたらその方がずっと嬉しいし、もちろん新しい鍋を買いなおすよりもずっと経済的だ。
こんなに長期保障をしてくれるなんてさすがフランスの誇る鍋メーカーだけのことはある。「これで玄米を炊くのを失敗したら、もう言い訳できませんね~」とアリミちゃん。本当だ。新品同様になった圧量鍋でこれからも美味しい玄米を炊こうっと。

|

« アレルギーの除去食 | Main | 綾戸智絵のライブへ »

Comments

ゆるくるさんありがとう。
うちの玄米は本当に美味しいんですよ~。圧力鍋のおかげもありますが、無農薬の玄米と黒米がなんと言っても美味しいのだと思っています。素材の味を生かせるように、たっぷり浸水させて、大事に大事に炊かせていただいています。またどうぞいらしてくださいね。

Posted by: 風楽 | July 28, 2008 at 06:55 PM

よくそちらで食事をするのですが
今日の玄米美味しいねぇ~♪
って主人と話をしてたんです!!

あっさり、もっちりしてました

圧力鍋が蘇ったせいかもしれませんね☆

Posted by: ゆるくる | July 27, 2008 at 10:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/41967995

Listed below are links to weblogs that reference 甦った圧力鍋:

« アレルギーの除去食 | Main | 綾戸智絵のライブへ »