« トマトの水煮 | Main | 新米ご飯 »

August 08, 2008

レイコちゃんの結婚祝

Australia011_s1以前、スタッフをしてくれたレイコちゃんがオーストラリアの彼氏と結婚することになった。昨日、彼氏が迎えに来て、14日に二人揃って日本を発つ。これからブリスベンで暮らすそうだ。しばらく会えなくなるので、結婚のお祝いを兼ねて、風楽で持ち寄りの食事会をすることになった。夕方、店を閉めてから、ヒデコちゃんとチエコさんと遅れてきたアリミちゃんとレイコちゃんと彼氏と私の全部で6人。ワイワイと話しながら、みんなで楽しく風楽のご飯を食べた。
ヒデコちゃんは故郷の種子島から送られてきた新米をおにぎりにして持って来てくれた。もうそんな季節になるんだなあ。日本列島が南北に細長いということを実感する瞬間だ。チエコさんは風楽で覚えたケーキを作って持ってきてくれた。
レイコちゃんとは本当にいろいろよく話した。深く自分のことを見つめ、一生懸命考えながら生きている人だから、ただの世間話だけではなく、お互いにとって必要な気付きのためのヒントがいつも会話の中にあった。私にとってもレイコちゃんと話すことは自分を振り返ることができるいい時間だった。生きていく上での大切なことをいつも確認しながら、出会ったことの必然性のようなものを感じていた。風楽である時期、一緒に仕事をするということは多分、そういうことなのだろうなと思う。
人生はいろいろ。ある時期に起った出来事を必ずしも幸せだとは思えないこともあるだろう。重たい石が自分の心の中に投じられ、大きな波紋が生まれる場合だってある。何もなければ静かに淡々と過ぎていったかもしれない生活の中に投げられたその石をどう受け留めるのか。それによって、随分、人生が変わっていくような気がする。
いつもこうありたい自分の姿を思い描きながら、それを信じて、決して諦めなかったレイコちゃんだからこそ、今日、この日を迎えることができたのだろう。幸せになってほしいと心から思う。レイコちゃん以外、英語が堪能な人がいないので、私たちの会話を一生懸命聞こうとしてくれても、理解し切れなかった彼氏には申し訳ないなあと思いつつ、ついつい自分達の話に夢中になってしまった。
お店をやって7年。本当にいろいろなスタッフと出会い、交流し、巣立っていった。その度にいつもほんの少しの寂しさを感じてしまうのだけれど、幸せへ向かって次のステップへと歩き出す門出なのだから、心から笑って見送りたいと思う。

|

« トマトの水煮 | Main | 新米ご飯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/42107988

Listed below are links to weblogs that reference レイコちゃんの結婚祝:

« トマトの水煮 | Main | 新米ご飯 »