« プルーンのナッツバー | Main | 豆腐とカボチャのタルト »

October 07, 2008

豆腐のティラミス

Dscf3108昨日、友達夫婦が夜遅く来てくれることになった。寝る前でもお腹にもたれないお菓子が何かできないかなと、ふと思い立ち、マクロ仕様のティラミスを作ることにした。乳製品が使ってあるコッテリ?ケーキは遅い時間に食べると胃にもたれるし重たい。
マクロ仕様のティラミスは以前から作りたいと思っていたのだが、手間も材料もかかるので、二の足を踏んでいたのだが、夕方、時間もあったし、ちょうどいい機会だったので、初挑戦してみることにした。いくつかマクロスィーツ系の本にレシピが載っているのだが、今回はココナッツミルクを豆腐の中に入れるタイプのものを作ってみることにした。
焼いたスポンジを適当な大きさの型の中に入れ、穀物コーヒーとラム酒とメイプルでシロップを作って生地に染み込ませる。それが冷めてからココナッツミルクと豆腐で作ったクリームを乗せ冷やして固める。マクロのスポンジは卵を使わないので、固いものが多いのだが、そのスポンジにシロップを塗ることによって、生地がしっとりと柔らかくなる。ただゆっくりカットしないと、柔らかすぎて型崩れしてしまう。お皿に乗せてから、オーガニックココアパウダーを振りかけた。
卵もチーズもエスプレッソも使っていないのに、それなりのティラミス風にできあがった。美味しいことは美味しいのだが、あまりに優しい味でちょっともの足りないかも・・・。もう少しレモンをきかせて酸味を強くしたり、豆腐クリームの中にナッツを加えてコクを出すなど、もう一工夫したら、もっと本物に近づけそうだ。今度はシロップの穀物コーヒーをもっと濃い目にしよう。
昨夜は2台作ったので、そのうちの1台を今日のデザートにお出しした。お皿に乗せる時も型の幅と同じヘラですくいながら出すので盛り付けるたびに緊張した。そう言えば、前に行ったイタリアンの店では大きな四角いキャセロールでティラミスを作って、スプーンですくって出していたから、お皿の上のティラミスはすっかり形が崩れていた。一つずつ小さな型で作らない限り、どうしてもそうなってしまうだろう。まだまだ改善お余地ありのティラミス、近いうちにもう一度作ってみよう。

|

« プルーンのナッツバー | Main | 豆腐とカボチャのタルト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/42717509

Listed below are links to weblogs that reference 豆腐のティラミス:

« プルーンのナッツバー | Main | 豆腐とカボチャのタルト »