« 友達の家でホームパーテイ | Main | レーズン酵母のパン »

October 19, 2008

ひじきと大根の煮物

Dscf3151先週あたりから大根が登場してきた。今年は生育が早いのか、秋になるのが早いのか、出たばかりだと言うのに随分、太くて立派な大根だった。さっそくお漬物用に大根の甘酢漬を仕込む。長い間使っていた糠床に虫をわかせてダメにしてしまって以来、お漬物と言えば塩漬けか甘酢漬けばかり。夏の間はキュウリの糠漬けが食べたくて仕方なくて、糠床をもう一度仕込もうかと思ったくらいだが、留守にすることもあるので、きっとまたダメになっちゃうだろうな、でもあったらいいな・・・そう思って迷っているうちに秋になってしまった。冬の間は糠みそへの欲求がそれほど強まらないので?どうやら今年もまた新しい糠床は見送りになりそうだ。
今日は日曜日だと言うのにそれほどの混み具合にはならず、ちょっと早めに店を閉めてしまった。今夜は久しぶりに何の予定もない夜なので、これからの時間がとても楽しみ。パキパキと動き回っている時間も嫌いではないけれど、やっぱりたまには一人でゆっくりできる時間があるとほっとする。そんな何気ない時間がとてもありがたいと思えるのも忙しい生活をしているからだろう。明るいうちにお風呂を沸かして何度も出たり入ったりを繰り返し、湯船の中で本を読もう。
今日の煮物はひじきと出たばかりの大根を油揚げと一緒に煮てみた。昔食べていた料理というわけではないのだが、なぜか懐かしい味がした。乾物が一つでもメニューの素材の中に入っていると、野菜だけで調理するよりもずっと味に広がりが出てくる。これから春までしばらくの間、大根とはずーっと長いお付き合い。一緒に煮る素材にも工夫が必要だ。

|

« 友達の家でホームパーテイ | Main | レーズン酵母のパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/42838052

Listed below are links to weblogs that reference ひじきと大根の煮物:

« 友達の家でホームパーテイ | Main | レーズン酵母のパン »