« 宗吾霊堂観月会 | Main | ぐるっと千葉の取材 »

October 13, 2008

金木犀

Dscf3122ふとした香りで季節を実感することがある。いつのまにかオレンジ色の小さな花が満開になっていた。その芳香に思わず立ち止まり、ああこんな所にも咲いていたんだなあと、改めて金木犀の木がそこにあったことを知る。花が咲かなければほとんど、何の木だか忘れられているような木だ。一時期、トイレの芳香剤としてあまりに有名になってしまい、金木犀にしてみたらなんとも不名誉だったに違いない。でもあの香り、モンシロチョウは苦手らしい。嫌うも何も涼しくなってきたので、モンシロチョウの姿はほとんど見かけないのだが。最近、あちこちで金木犀の香りに出会い、ああいよいよ秋も深まってきたのだなあと思う。私の借りている駐車場にも大きな金木犀の木があったことに最近になって気が付いた。
先日、お客様が萩の枝を長く切ってお店に持ってきてくださった。そのまま座敷のカゴの中に入れて飾らせていただいた。萩の花は大きくダイナミックに生けるに限る。以前、借りていた古い家の床の間に古い壷を置いて、萩の枝を長めに投げ入れ楽しんでいた。萩の花は咲くのが年々早くなってきたような気がするけれど、この時期、車を走らせていると、あちこちで薄紫や白い萩の花を見つけるので、ついつい嬉しくなって枝を手折ってしまう。
吾亦紅の深い紅色はなんと言えず秋らしい。一つの花だけをアップでみると決して可愛らしい花ではないのだが、無造作に風に揺れている吾亦紅にはとても雰囲気がある。あの紅は赤系統の色の中でも私の好きな色だ。
この他、紫式部や彼岸花や秋桜、サフラン・・・秋の花にもいろいろあるけれど、私の一番好きな秋の花は秋明菊だ。今年はまだ見かけていないが、秋の空にあの清楚な白がひっそりと咲いているのをみつけると思わず見とれてしまう。初霜が降りるまで、もうしばらく秋の花々を愛でていたい。

|

« 宗吾霊堂観月会 | Main | ぐるっと千葉の取材 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/42778379

Listed below are links to weblogs that reference 金木犀:

« 宗吾霊堂観月会 | Main | ぐるっと千葉の取材 »