« ヒヨコ豆のコロッケトマトソースがけ | Main | 種子島の安納芋 »

November 01, 2008

グリーンがいっぱい

Dscf3181友達のお母さんから挿し木で増やした観葉植物をいただいた。パキラとサンスベルア。かなり大きく育っているものだ。たった二つの観葉植物が増えただけでも、雰囲気がぐっとよくなった。その後でお客様から月桂樹や南天、紅葉の枝をざっくりと切ったものをいただいた。南天と紅葉は窓辺のカゴの中に、月桂樹はお座敷の壁に下げてある背負いカゴの中にそのまま放りこんだ。
なんだか店の中がグリーンであふれて、とてもいい感じだ。深く呼吸ができるような気にさえなっている。いつも生花を絶やさないように、テーブルの上にも一輪挿しを置き、ユトリがあれば大きな花器の中にも季節の花や枝を生けている。本当は自分の庭から手折ったものを飾りたいなあと思いつつ、未だその夢は叶わないのだが、花や緑を見ているとそれだけで心が和み、高価な装飾品を置くよりもずっと素敵な空間になると思う。特に生ける花器や花カゴと花がピッタリ決まると、すごく嬉しくなる。小さな子供に可愛らしいお洋服を選んで着せてあげているような気持ちになる。
このサンスベリアは空気の清浄効果が観葉植物の中で最も高いと言われている。マイナスイオンもたくさん発生させてくれるらしい。初めて見た時、ただ真っ直ぐに伸びているだけで可愛いくないなあと思ったのだが、陶器の鉢カバーをしてお座敷に置いてみたら、中々個性的でオシャレな雰囲気なのだ。問題はアフリカや南アジアが原産国なので、日当たりを好むということ。夜になると暖房もなく冷え込む店内の中で冬越しができるだろうかとちょっと心配。
今日は高校時代の友達が川崎からご飯を食べに来てくれた。ずっと仕事をしている人なので、いい意味で主婦っぽい感覚があまりない。2年ぶりくらいに会ったのに会うと昔のような口調のままに会話が始る。その時々で話したい内容は変わってくるけれど、何かのタイミングで会えた時というのは、偶然にしろ、何かしら共通する同じような気持ちがどこかにあるのかもしれないと、ふっと思った。仕事と自分のことにかまけて、いつのまにか学生時代の友達にはご無沙汰だらけ。でも必要であれば、きっと何かの拍子に再会することができるんだろうなあ。

|

« ヒヨコ豆のコロッケトマトソースがけ | Main | 種子島の安納芋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/42974382

Listed below are links to weblogs that reference グリーンがいっぱい:

« ヒヨコ豆のコロッケトマトソースがけ | Main | 種子島の安納芋 »