« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 | Main | 体の不自由と心の自由 »

November 29, 2008

2009年カレンダー入荷しました

Dscf3366明日が終わればいよいよ12月。今年も残すところあと1ヶ月となった。毎年11月になると販売を開始するカレンダー。今年は注文するのが遅くなって、ようやく先週の日曜日から店頭に並べ始めた。お客様からも今年はまだですか?と問い合わせをいただいていた。
アイテムは3種類だけと少ないけれど、毎年、カレンダーを楽しみに待っていてくださる方がいるというのはとても嬉しいことだ。どこのご家庭でも年末になれば、いろいろなお店やお勤め先などからカレンダーは何本ももらえると思う。そんな中でわざわざカレンダーを買うというのは、考えてみればちょっと贅沢な行為かもしれない。だけど私はお客様がカレンダーを選んでいらっしゃる姿を見るのが好きだ。それはそのお宅の時間が確実に流れていくということの表れであり、新しい年への思いのようなものが伝わってくるからだろう。おそらく家族が一番集まるお部屋であろうリビングかダイニングにカレンダーをかけて、そのご家庭の新しい一年という時間のお供をするカレンダー。その月日がどうか平穏で静かに流れていきますようにと思わず祈りたくなってしまう。
私の家でも歳時記カレンダーとJVC(日本国際ボランテイアセンター)のカレンダーは毎年かけている。特に歳時記カレンダーは二十四節気はもちろんのこと、月の満ち欠けや潮の流れなど暦として必要な要素がほとんど記されている他、例えば11月なら一茶忌、白秋忌などの故人の命日や季節を表す句や挿絵など盛りだくさんなので見ていても飽きない。
またJVCはカレンダーの収益が国際協力基金として使われている。今年のテーマは「風のささやき」。アジア各国の美しい風景の写真のカレンダーだ。新しい年がきても写真がとてもきれいなので、使い終わったカレンダーもずっととってある。
毎月、月の満ち欠けを月の黄色と空の青だけで表したルナカレンダーも素敵だ。
今年は少ししか取り寄せなかったので、数に限りがあります。ご希望の方はお早めに。

|

« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 | Main | 体の不自由と心の自由 »

Comments

ふなばしさんありがとう。
私も満月の日、いつもチェックしていますよ~。秋の月はとてもきれいでしたね。昔はさんさんと輝く太陽の輝きに憧れましたが、今は月の静かな光が好きです。女性性の象徴でもありますね。
働き者の私の店ですから?年内も休まず営業しておりますよ。お正月も元旦からずっとやっております。特に私は1~4日までお休みなく店で動き回っています。お節などほど遠い生活・・ですが。
店は年中無休でも、私のお休みは平均して週休2日になるよう来年こそは実現させたいと思っていま~す。

Posted by: 風楽 | November 30, 2008 at 07:42 PM

こんばんは(^O^)
我が家も『歳時記カレンダー』毎年買います!月齢を見てその月の満月をチェックします(^◇^)満月の日は夜空を見ながら・・・ビール~!冬場は夏と違って高低差でお月さまが小さい(・o・)
そうそう・・・年内はいつまで営業ですか?

Posted by: ふなばし | November 29, 2008 at 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43264827

Listed below are links to weblogs that reference 2009年カレンダー入荷しました:

« 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展 | Main | 体の不自由と心の自由 »