« お麩ステーキトマトソースがけ | Main | 紅葉を見に京都へ »

November 16, 2008

粟ごぼう

Dscf3240昨日の夜は友達が来た。話しこんでいるうちに、気がついたら1時過ぎ。最初から泊まるつもりで次の日がお休みだったら、もっと長く話していただろう。心許せる友達が何人も必要だとは思わないが、私のことをよく理解してくれて、話すことによって、お互いの内面をより深く見つめられる友達がいてくれること。それは本当に幸せなことだと思う。相手の存在というのは鏡のようなものなので、そこに映し出される自分を見ることによって、改めて自分のあり方を振り返る。生きていればいろいろなことが起るから、自分がどうありたいか、どう生きていきたいのかということを、時に見失ってしまうこともある。そんな時も会話の中からゆっくりと自分の気持ちを再確認していくことができる。言葉の力ってスゴイなあと思う。ただ単語や伝達手段としての言葉ではなく、思いをのせた言葉というのは必ず心に響いていく。せっかく言葉を持った人間として生まれてきたのだから、もっと言葉の可能性を信じたい。そしてその「言葉が通じ合える」ような関係性を築いていきたい。そんなことを思っていたら、服のまま眠ってしまい気がついたら朝になっていた。
今日は成田空港周辺で有機農業をやっているグリーンポート・アグリのメンバーが7人でお食事に来て下さった。成田空港株式会社(旧・空港公団)が、空港周辺の休耕田を利用して、有機農業をやっていく農家さんたちを育成する事業を行っている。数年前にミレーの仕事で取材に行ったことでお知り合いになった。研修期間は原則として一年で、もう一年だけは延長できる。その間は無給だが、有機農業のベテランであるおかげさま農場の高柳さんや、三里塚農法の会の龍崎さんなどに直接、指導していただけるので、事業の内容を聞いた時、私も研修生になりたい?!と思ってしまったくらいだ。
今ではその時の研修生たちも農地を借りて、立派な農家さんとして活躍している。だんだんと逞しくなり、農家さんらしい顔?になってきた。成田空港ができる時、たくさんの畑を埋めたて、山を切り崩していった。その周辺に残る土地を、空港の土台となった農業を通して再生していく。千葉県は北海道に継ぐ農業県だが、その中でも空港周辺には有機農業をやっている農家さんが本当に多い。よその国から飛んできた飛行機が成田空港に着陸する時、最初にたくさんの緑と畑が見えるといい。そして成田空港の発展と同じくらい、この地域で有機農業が広っていくことを期待したい。
写真はごぼうを粟と梅酢で煮た粟ごぼう。このところレンコンやごぼうばかり食べているのでお腹がかなり快調。

|

« お麩ステーキトマトソースがけ | Main | 紅葉を見に京都へ »

Comments

ゆうこさんありがとう。
お野菜はおかげさま農場の直売所が大栄町(今の成田市)にあるので、そこにいらっしゃればいつでもお買いになれると思いますよ。また宅配であれば大地を守る会、らでぃしゅぼーうや、ミレーなどもいいお野菜を扱っています。
この他、もし個人的なお問い合わせがおありでしたら、このコメント欄では長い文章でお返事が書けませんので、よろしかれば私の個メール(風楽のHPの中に書いてあります)にお送りくださいませ。そちらの方にお返事をさせていただきますので。よろしくお願い致します。

Posted by: 風楽 | November 19, 2008 at 10:04 PM

こんにちは。私は成田の自宅で酵素玄米の販売をしているのですが、週1回木曜日に自宅で酵素玄米とお野菜のランチを食べる集いを主催しています。そのときに使っているお野菜はあいりん堂さんから買っているのですが、菜の花生協もやっているので酵素の会も気になっていました。お野菜の仕入先でお薦めのところはありますか?
それから、私は設立当時の風の村で栄養士をしていたのですが、以前風の村でお勤めだったと聞いたのですが、どのくらいの時期ですか?準備委員会で1年で建ってから4ヶ月で、退職しています。

Posted by: ゆうこ | November 16, 2008 at 08:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43133506

Listed below are links to weblogs that reference 粟ごぼう:

« お麩ステーキトマトソースがけ | Main | 紅葉を見に京都へ »