« 手前味噌 | Main | 2009年カレンダー入荷しました »

November 28, 2008

「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展

Dscf3365昨日の夜、都内で用事があったので、仕事が終わってから出かけ、そのまま渋谷の実家に泊まってきた。父の様子は相変わらずだ。私にはバスに乗ってカトリック教会に行っていると言うのだが、弟に聞いたらもう外出はほとんどできないそうだ。現実と願望が混同しているのだろう。テレフォンショッピングなどで使いもしない商品を勝手に注文してしまうのも困ると言っていた。その度に注意をしてもそういうことがわからなくなっているようだ。
今朝は六本木に出て国立新美術館で開催中の「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」を見に行ってきた。ピカソ展は以前も見に行ったことがあるのだが、今回はパリのピカソ美術館からもかなりの量の作品が届いた大回顧展だということだったので、再びピカソに会いに行ってきた。
今回はピカソの愛した女性たちに注目し、彼の創造に欠かすことのできなかったいくつもの恋愛が一つのテーマにもなっていた。91年という長い生涯を通して、何人もの女性を愛し続けたピカソ。近くにいる女性が変わるたびに肖像画の作風も美しく変遷していく。分裂気質なのではないかと思うようなわけのわからない作品もあったけれど?どのようにでも解釈できる飽きることのない面白さを内包している。私の好きな画家の一人だ。今回はサントリー美術館でもピカソの自画像を中心に「魂のポートレート展」が開催されているのだが、こちらの方は時間がなくて行けなかった。
お昼は六本木にある都内随一の雲南料理のお店「御膳房」へ。有機野菜や調味料を「大地を守る会」から仕入れ衣食同源の考えで作られている美味しい中華料理だ。中華のお店は油っぽくて化学調味料がとても多く使われている場合が多いのだが、御膳房はややあっさりしているけれど、とても美味しいランチでほっとした。

|

« 手前味噌 | Main | 2009年カレンダー入荷しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43256795

Listed below are links to weblogs that reference 「巨匠ピカソ 愛と創造の軌跡」展:

« 手前味噌 | Main | 2009年カレンダー入荷しました »