« フェアトレードチョコレート入荷 | Main | 買って来た食材、大活躍! »

December 05, 2008

法師温泉 長寿館へ

Dscf34044日はあいりん堂さんのお弁当の配達があった。その日はお弁当を配達したら私は晴れて自由の身?。午後から6日まで一日半の連休だからだ。ならば少しでも早く出かけたいと思い、4日は5時に起きて仕事開始。お弁当を作り定食の支度をして、配達を終え、そのまま出かけることにした。
今回はずっと行きたかった法師温泉長寿館に行くことにした。JRのフルムーンの宣伝の舞台にもなった秘湯だ。高峰三枝子が上原謙と一緒に入浴しているポスターがとても印象に残っている。三国峠の谷間の本当に何もない場所にあるたった一軒だけの温泉宿。明治時代にスリップしたかのような古くて趣のある木造宿はそこにいるだけで泣きたいくらい懐かしい気持ちになってくる。かなり不便な山の中にあるにも拘わらず遠くからわざわざやってくる人たちがあとを絶たない。
湯殿は100年以上前に建てられた木造の古い建物でなんとも風情がある。全国でも数ヶ所しかないと言われている適温の温泉が湯船の底の岩盤の割れ目から自然に湧き出してくる。透明でクセのない柔らかなお湯は長くつかっていてものぼせない。静かな木立に囲まれ何もない山の中で過ごす至福の時間だった。Dscf3380

いつもあちこちを飛び回り、かなりハードな旅ばかりしているのだけれど、今回は午後から出発したせいか、他の予定は入れず、一日目は法師温泉に真っ直着いて、そのままひたすら温泉につかっているだけ。一つの場所だけに動かずじっといるというのは私にとっても珍しいことだ。ゆっくりと温泉に入っていたので夜はこんなに長く眠ったことがないと思うほどぐっすり深く眠ることができた。忙しい生活の中、知らず知らずのうちに体はとても疲れていたのだろう。
法師温泉にいれば、ひたすらそこに留まっていたくなってしまう。時間がとまっているようなひっそりとした場所なのだ。こんなにゆったりとした旅をしたのは久しぶり。歴史ある秘湯という場の力が、ただそこにあるというだけで忙しい現代人の肩の力をぬかせてくれるのだろう。どこへ行っても食事の支度をしている私だが、今回はちょっぴり贅沢な旅となり、上げ膳据え膳でお部屋までお食事が運ばれてきて、包丁を持つこともなく美味しいご飯をいただくことができた。お部屋もまた明治時代からあるという古くて大きな梁のある和室で、目の前には小川が流れ一晩中川のせせらぎが聞こえてきた。Dscf3400

何もない場所ですが、ただただのんびりといいお湯につかってほっとしたい方には最高の温泉です。お湯質がなんとも優しくて心地よい。古い木造の建物は国登録の有形文化財の宿に指定され「日本秘湯を守る会」の宿の一つ。ぜひ行ってみてください。

|

« フェアトレードチョコレート入荷 | Main | 買って来た食材、大活躍! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43332378

Listed below are links to weblogs that reference 法師温泉 長寿館へ:

« フェアトレードチョコレート入荷 | Main | 買って来た食材、大活躍! »