« アマランサスの煮物 | Main | リンパマッサージへ »

December 17, 2008

何気ない風景

024_24_0001ずっとパソコンに向かっていて書き物をして時、頭が煮詰まってしまうと、どこかのサイトを見に行って気晴らしをする。一番いい気分転換はパソコン自体を止めてしまうことなのだが、それができない場合は、パソコンの中に入っているマイピクチャーを開く。旅先で撮った写真がたくさん入っているので、それを見ながら旅の思い出にふけっていると、いつのまにかほっとしていたりする。
今日は都内に出かける用事があって、その後、実家に泊まる予定だったのだが、咳が止まらなかったので、夜になってから帰ってきた。一日中、マスクをしていたので大分、ラクになったのだが、案外としつこい咳のようだ。いくつか寄りたい店もあったのだが、雨だったしあまり歩き回りたくなかったので、珍しく何も食べずどこにも寄らずに帰ってきた。それで気がついたらブログにのせる写真がなかったので、またマイピクチャーの古い写真を眺めつつ、好きな写真を一つ選んだ。
マダガスカルに行った時の何気ない家族の写真だ。マダガスカル人のステイタスはお金持ちになることよりも、いい祖先になることだという。だから死者は手厚く葬られ、家のすぐ近くにあるお墓の中で眠り、家族は子供の成長や祝い事などの節目や毎日の生活の中で何度となくご先祖様に会いにいく。
そして現在、ある幸せはご先祖様が守ってくださっているからだと信じている。言って見れば墓が神棚のような役割を持っているようだ。その生死観が彼らの国民性にも表れているようで、家族や親類縁者との関係がとても強い。そして穏やかで素朴な人たちが多い。とても貧しい国であるにも拘わらず、インドのように物乞いをする子供たちにもほとんど会わなかった。そして子供たちは貧しくとも一族の中で育てられていく。
とにかく子供たちの数が多い。はにかんだような笑顔が可愛らしくて、たくさんの写真を撮った。家も掘っ立て小屋のような粗末なものだったが、家族仲良く過ごしていることが伝わってくる。こういう光景を見ていると、手放しで心が和む。

|

« アマランサスの煮物 | Main | リンパマッサージへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43448733

Listed below are links to weblogs that reference 何気ない風景:

« アマランサスの煮物 | Main | リンパマッサージへ »