« まごころ庵 | Main | アップルパイ »

December 13, 2008

冬の健康飲料

Dscf3422昨日、朝起きた時からなんだか調子が悪かった。一昨日の夜、喉が痛いなあと思っていたのだが、それが悪化したようで、体の節々が痛い。もともと無理ばかりするのが日常なので?そんな状態に体も慣れてしまったのか、風邪をひくこともないし、いつも元気で動き回ることができる。喉が痛いなあと思った時や寒気がするなあと思った時は、梅醤番茶か梅肉エキスを飲んで早めに寝る。手作り酵素も欠かせない。それだけでほとんどの場合は大丈夫だった。でもそうやって調子を整えても5年に一度くらいは熱を出す。そういう時はもう大変。いつも元気だけに耐性がないのだ。ちょっとの熱でももう死にそう~なくらい体には堪える。病院には行かず薬も一切飲まないのでひたすら寝ているが、だいたいは一晩か二晩で治っていることが多い。
それで昨日は夕食も食べずに梅醤番茶を飲んで、お風呂で半身浴をして7時前には寝た。だけど今日もちょっと体が重たい。ただ昨日よりは随分ラクなので、もう快方に向かっているのだと思う。
そこで今日は冬にオススメの健康飲料をご紹介。一つは一年中、定番の梅醤番茶。三年番茶と醤油、梅干、生姜がペースト状にミックスされているので、お湯に溶くだけで体の調子を整えてくれる。次は冬の一番人気のしょうが湯。これも一回一回、お湯を注ぐだけで体を温める葛で作った美味しい葛湯が手軽に飲める。生姜の辛味と黒糖のほのかな甘味がとろりとした葛湯の中に溶け出してとても美味しいのだ。
そしてもう一つは冬だけの限定販売である麹屋三郎右衛門の玄米甘酒「江戸の誉」。国内産の玄米だけで作られた甘酒。風楽で人気の甘酒ドレッシングにも使っている。玄米ならではの酸味と甘味が美味しさの秘訣。甘酒は日本古来から伝わる発酵食品の代表格。これらは全て風楽でも販売しているので、よかったらどうぞ。

|

« まごころ庵 | Main | アップルパイ »

Comments

ふなばしさんありがとう。
風邪は体の大掃除とも言われているので、たまに熱を出すのもいいらしいですよ。だけど、今回、熱はなく、喉と関節の痛み、そしてお腹の調子の悪さというヘンな組み合わせの症状です。別に普通に動けるのですが、喉が痛いのでしゃべるのがつらいです。あまり話さないようにと思っているのですが、今日もついつい話してしまって、また喉にダメージが・・・?!
「不思議なレストラン」、こんなにクライアントに対して真剣で丸ごと受け留めてくれるソーシャルワーカーもいるんだなあというのが驚きでした。いつかレストランにも行ってみたいと思っています。

Posted by: 風楽 | December 14, 2008 at 05:18 PM

こんばんは(^O^)

風邪・・・ゆっくり寝て休養してくださいね。

私も一年に一回風邪ひきます。医者行かず薬飲まずでひたすら時を待ちます。

梅醤番茶って風楽さんで売ってましたよね!
今度買ってみようっと!

『不思議なレストラン』読みたくなって手配しました!
まだ手元には届いてませんが・・・(・o・)

お大事に。。。m(__)m

Posted by: ふなばし | December 13, 2008 at 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43408622

Listed below are links to weblogs that reference 冬の健康飲料:

« まごころ庵 | Main | アップルパイ »