« 早春の下田へ | Main | おいしいごはんの店 »

January 09, 2009

5種類の菜っ葉の和えもの

Dscf3524いつも定食には青菜をお付けしている。冬の間、白菜がある時は白菜の葉もさっと茹でて繊維に沿って千切りにし、青菜に加えると彩りも青と白になりとてもキレイなのだ。青菜はだいたいほうれん草と小松菜を使うことが多いが、今日はその2種類にさらにいろいろな菜っ葉を加えることにした。まずは白菜。それから赤カブのお漬物を作った時、赤カブについている赤紫色の葉が残っていたので、それを加えた。さらに下田で摘んできた野生の明日葉も茹でてから水にしばらくさらして一口大に切った。
結局、小松菜、ほうれん草、赤カブの葉、白菜、明日葉と5種類の菜っ葉が混ぜ合わさったことになる。微妙に少しずつ色が違っていて、菜っ葉オンパレード?という感じになった。八方出汁を溶きワサビを加えて和えた。明日葉のほろ苦い香りが加わると、いつもの青菜がより美味しくなった。明日葉は「今日、新芽を摘んでも、明日また新しい芽を出す」という旺盛な生命力のあることから命名されたセリ科の葉っぱ。ダイエットに効果的だったり、植物性有機ゲルマニウムやインターフェロンの生成に役立つ物質が含まれていることから、長寿に欠かせない健康野菜として最近、注目されている。千葉にも生えているが伊豆ほど多くない。近くにあればいつでも摘みに行くのになあ。
きのこ狩りや山菜摘みもそうなのだが、山の中に自生しているものを探して、山歩きしながら収穫できるととても嬉しくなる。ただ歩いているだけよりもキョロキョロしながら歩くので、時間がたつのも早いし、その分、思いのほかたくさん歩くことができる。そして帰ってからその食材を自分で料理して食べるというお楽しみまであるので、行った場所の思い出に浸りながら、しばし箸を動かす。
今日は久しぶりの雨。お湿り程度だったが、気温がぐっと下がりとても寒くなった。お客様も少なかったので、ミエコちゃんにも早めに帰ってもらい、店は3時半で閉めさせていただいた。
これからの季節、お店が空いている日は様子を見ながら3時で閉めさせていただくこともありますので、お食事の方はお早めにおいでください。

|

« 早春の下田へ | Main | おいしいごはんの店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/43687516

Listed below are links to weblogs that reference 5種類の菜っ葉の和えもの:

« 早春の下田へ | Main | おいしいごはんの店 »