« 日曜日の賑わい | Main | やっと終わった確定申告 »

February 16, 2009

ごま豆腐とあんこ

Dscf3712昨日、本当に何もかもなくなってしまったので、今朝の厨房の仕事はとても忙しかった。お茶をわかし、豆を煮、青菜を茹で、玄米を炊く・・・もうそれだけで4口のガスコンロは満員。大鍋をあっちにやったり、こっちにやったりしながら、次々に煮物やサラダを作っていくのだが、ジグソーパズルのように考えながら動かさないと、火が足りなくなってしまう。幸い?今日は出足が遅かったので、開店時間を過ぎてもまだ終わらない仕事を片付けることができた。合間にマクロのクッキーやケーキを焼いたり、やることはたくさんあった。
今日のデザートはごま豆腐にあんこをかけてお出しした。ごま豆腐は普通、葛粉で作るのだが、さつまいものデンプン(芋葛粉)があったので、それを使った。葛粉よりも鍋で練る時間が少なくてすむので手軽にできるのだが、その分、葛粉ならではのトロミと粘りには叶わない部分がある。でもあんこをのばしたものを添えて美味しくいただいた。
店を閉めてからはその足で、イオンショッピングセンターへ。確定申告の時期に合わせて、特設会場で税務署の人たちが無料で申告の相談にのってくれる。消費税の計算についてはとてもわかりにくいので、昨年もここへ来て教えていただいたら、その場で申告書が完成してしまった。
あとは数字を申告書に書き写すだけなので、今週中には確定申告が終わりそう。毎年、一番いやな季節だ。数字に弱い私がこんなことまで一人でやっているなんて、店を一軒構えたことで、それまでの自分には想像できないほどいろいろな経験が待っていた。できることなら避けたい(やりたくない)ことも正直、いろいろあるのだが(会計の仕事もその一つ)、結局、自分の店だとある部分では人に任せられたとしても、最後は全て自分で請け負わざるを得ない。それは大変なことではあるが、そのことを通して学ぶものも大きかった。
特に昨年はアジア雑貨の仕事を大幅に縮小したことや、不況のあおりを受けたこと、長年やっていたミレーのライターの仕事を辞めたことなどが重なって、私の収入は大幅にダウン。そんなことのからくりが数字を追っていると手に取るようにわかってくる。経営者はつらい。だけど経営しているからこそ見えてくるものもある。だからこんな状況になっても、やはり私は店をやってきてよかったなあと心から思う。
確定申告は一つに区切りだ。一つ終わっても、今年もまた同じ営みが繰り返される。春はもうすぐそこまで。さあまた新たな気持ちでがんばろう。

|

« 日曜日の賑わい | Main | やっと終わった確定申告 »

Comments

風花さんありがとう。
同じ日に同じ場所に行ってたなんて・・・!
私は還ってくる税金などまるでなくて、払う方ばかりです。まあ医療費がない分だけ幸せと言えば幸せなのでしょうけれど。あそこはめったに行かないショッピングセンターなので、帰る時はいつも駐車場の場所がわかならくなって困ります。迷子になるなんてカッコ悪~!

Posted by: 風楽 | February 18, 2009 at 07:46 PM

私も16日にイオンに確定申告行ってきましたよ。年末調整してなかったのと 医療費控除に。 医療費が110万もかかったのに
年収が少ないので 返ってくる税金も少なく 1万9000円也。しくみが よくわかんねー。もっとわかりやすくならんのか。

Posted by: 風花 | February 17, 2009 at 08:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44084326

Listed below are links to weblogs that reference ごま豆腐とあんこ:

« 日曜日の賑わい | Main | やっと終わった確定申告 »