« ひじきとごぼうのコロッケ | Main | My Birthday »

February 23, 2009

酒粕のパン

Dscf3722いつも白神こだま酵母で作っている天然酵母パンを試しに寺田本家の発芽玄米酒の酒粕「にぎり酒」で作ってみた。発酵に時間がかかるので3日がかりになってしまったが、どっしりとした重たい感じの酒粕酵母パンが焼き上がった。酒粕30gと全粒粉(またはご飯)30g、水40ccを合わせてビンの中に入れてしばらく置いておく。この時、新しい酒粕だと一日で発酵するということだったが、一日ではウンともスンとも変化なし。2日ほどそのままにしておいた。発酵したという一つの目安はプクプクとした気泡のようなものが沸いて?いること。これが元種となるので、ここに小麦粉と塩、水を加えてよくこね、さらに一晩発酵させ1、5倍ほどに膨らんだら、最後に成形して再び1時間ほど発酵させてから焼く。
正直なところ、今回初めてだったので、発酵の加減がよくわからずに充分発酵していた元種とは言えなかったようだ。でもほんの小さな発酵力でも膨らむ力はあって、重たいけれどそれなりのパンが焼き上がった。ほんのりとした酒粕の風味。にぎり酒は一袋210円ととても手軽な値段で一袋あれば何度でもパンが焼けるので、また挑戦しようと思う。発酵についてはまだまだわからないことだらけだが、お腹の中に有用な微生物を増やしてくれる発酵食品は健康な体に欠かせないので、もっともっと積極的に取り入れたいと思う。それに手軽に使っている白神こだま酵母なのだが、かなり割高で、酵母代だけでも普通のパンが買えるほどなのだ。だから手間と時間がかかってもこのすばらしい酒粕で美味しいパンが焼けるのであれば、その方がお財布にも体にも嬉しい。
寺田本家と言えば、来月酒蔵で行われるお蔵フェスタに風楽も出店させていただく。今回は発酵文化の里として神崎町をあげての開催となり、近くの酒蔵仁勇蔵祭りも同時開催されるので、かなりの人出が予想される。オーガニックのお店も多数出店するので、興味のある方はぜひいらしてくださいね。

|

« ひじきとごぼうのコロッケ | Main | My Birthday »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44153931

Listed below are links to weblogs that reference 酒粕のパン:

« ひじきとごぼうのコロッケ | Main | My Birthday »