« お蔵フェスタへ | Main | パン教室~いちごデニッシュ~ »

March 17, 2009

ぐるっと千葉の取材~グルテンミートのレタス包み~

Dscf3814一昨日、お蔵フェスタが終わった後、夕方、店に戻って寸胴やバットなど使ったものを車から降ろして片付けてからブログを書いた。ここまでやって初めてお祭りへの出店が終わった気分になる。夜は打ち上げを兼ねて友達と空港の近くのホテルで夕食を食べ、そのまま泊まれるように予約しておいた。いつも見慣れている成田空港だがホテルの11階のレストランから見る夜景はとてもきれいで、どこか別の街へ泊まりにきたようだった。美しく盛り付けられたフレンチを食べながら、一仕事終えた後の満足感と充足感にしばし浸っていた。
昨日は久しぶりの休日だったので、昼過ぎに家に戻り、洗濯機を回しながら家の中を掃除した。明るい陽射しの中で真昼間に掃除機をかけられるなんて、それだけで新鮮な気持ちになる。その後はソファに転がり、ダラダラと本を読み、ほんの少しだけどのんびりすることができた。
今日はぐるっと千葉の取材。4月号に向けて筍を使いたかったけれど、まだ出回っていなかったので筍料理は来月へ。素材はレタスと新じゃがを取り上げることにした。グルテンバーガーを生姜やにんにく、長ネギと一緒に中華風に炒めて、レタスで巻いて食べるレタス包みと、じゃがいもを蒸して作るじゃがいもだんごの2品。今日はスタートが早かったので、最初のうち店の仕事も残っていてバタバタしていたけれど、その分、早く終わったので助かった。
一つの大きなイベントが終わっても、今日はぐるっと千葉の取材、明日はパン教室、明後日はあいりん堂さんのお弁当の配達と、今週もまたいろいろ忙しい。商いとは飽きないこと。一つが終わってもまた次の何かが待っている。その連続だ。合間にほっとする時間をうまく自分の中に取り込んでいかないと、いつまでも時間に追われ続けることになる。そのしわ寄せは一人だけの貴重な時間がどんどん減っていくという形になって表れる。
自分一人の世界を持つこと、自分らしくいられる空間を持つこと、それは私が私らしくいられる原点だ。それがあるからこそ、たくさんの人たちと関わって思いきり仕事ができるのだと思う。一人の時間から生まれる産物・・・忙しければ忙しくなるほど、大切にしなければ。

|

« お蔵フェスタへ | Main | パン教室~いちごデニッシュ~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44379037

Listed below are links to weblogs that reference ぐるっと千葉の取材~グルテンミートのレタス包み~:

« お蔵フェスタへ | Main | パン教室~いちごデニッシュ~ »