« 楽しい夕食 | Main | 手描きバティック展 開催中 »

April 21, 2009

束の間のティータイム

Dscf3900今、住む場所を探しているので、「この近くにどこか安く借りられるお家はありませんか?」といろいろな方にお会いするたびにお声をかけている。それで昨日の朝、お店によくいらっしゃるお客様から、知り合いの家を借りられるかもしれないというお電話をいただいた。今日がお休みだったので、ぜひ今日のうちに見に行きたい・・・とお願いしたら、連れて行って下さることになった。
印旛村にある古いお家でよかったのだが、母屋にはご家族が住んでいらっしゃるし、お借りする離れの方にはトイレやお風呂、台所などがなかったので、結局、住むには難しそうだった。印旛村は里山の風景が残っているとてもいい場所で、私は以前から住むなら絶対に栗源か印旛村がいいなあと思っていた。でも久しぶりに印旛村の周りをあちこち走ったが、北総電鉄の工事がかなり進んでおり、周辺の光景はすっかりズタズタになってしまった。汚泥が入って使えそうにない田んぼがあったり、サイクリングコースも分断されてしまったり、工事車輌用の空き地ができたり、前よりも一層開発が進み、すごい状態だった。これだけ自然を破壊してわざわざ成田空港まで電車を伸ばす必要があるのだろうか。見せていただいたお家も電車が開通したら、すぐ前に高架の線路があるから、かなり音が聞こえてくるだろう。なんだかとっても悲しい。
その後はそのお客様の隠れ家にしている?改装中の古民家を案内していただいた。急な坂を下った竹林に囲まれた場所で、まさに隠れ家という感じだった。まだまだ未完成で時間を気にせずお金をかけないでじっくりと改装していくのだそうだ。
それからもう一人、一緒に行ってくださった方のお宅に寄らせていただき、信玄餅とエスプレッソをご馳走になりながら、3人でお話させていただいた。40代、50代、60代という3世代?。お二人とも趣味が豊富でセンスがよく古いものや手仕事などに目がない方たちだ。工芸品や美術品にもとってもお詳しく、こちらは教えていただくことばかり。お宅のお庭にもハーブやお花、果樹がカントリー風に植えられていて、とてもキレイに手入れされている。お店ではあまりゆっくりお話できないので、お店を離れた場所でお会いできて楽しかった。
昼過ぎに一度家に戻り、車を置いてから、夕方は父の病院に行くつもりでいたのだが、これから出かけてしまうと、また帰りが遅くなる。久しぶりに今日はこのまま家にいたいなあと思って、自分の部屋のソファに転がりながら本を読んだ。何気なく家で過ごす時間がたまらなく愛おしい。

|

« 楽しい夕食 | Main | 手描きバティック展 開催中 »

Comments

風花さんありがとう。
前にも書いたことなのですが、本当にそうですね。でも久しぶりに車でグルグル回ったら、以前よりも工事が進んだ分だけ、周囲の状態はひどいものになっていました。一瞬、印旛沼が小さく見えてしまいましたもの。
それにしても印旛村の方たちはお気の毒だなあと思います。新線の駅は村にできなくて、ただ自然破壊されて、騒音が増えても、電車は村に止まらず素通りして行くだけなんですもの。もし家の窓から見える大好きな景色が、ある日、線路で分断されてしまって、全く違う景色になってしまったら・・・と思うと悲しいです。

Posted by: 風楽 | April 22, 2009 at 10:02 PM

これだけ自然を破壊してわざわざ成田空港まで電車を伸ばす必要があるのだろうか。まさに私も同感! 印旛沼の風景は大好きだったのに 本当に残念!もう開発はいいよ と言いたい。色々な事が もう充分 便利じゃん。もっと違う所にエネルギーを使おうよ と 言いたい。

Posted by: 風花 | April 21, 2009 at 09:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44743378

Listed below are links to weblogs that reference 束の間のティータイム:

« 楽しい夕食 | Main | 手描きバティック展 開催中 »