« しだれ桜 | Main | カボチャとリンゴのサラダ »

April 07, 2009

満開の桜

Dsc03866宗吾霊堂の桜が満開になった。温かな風が吹き穏やかな陽射がいい気持ち。とても春らしい一日だった。一昨日は多古町の福泉寺に無着成恭さんがいらっしゃるというので、夜になってから出かけて行った。「昭和教育論」や「詩の授業」「山びこ学校」などの本がとても好きで、子育てをしている時、いろいろな意味での指針となった。
以前、生活クラブ生協で仕事をしている時、無着さんにお話を伺いたくて、バスツアーを企画し、福泉寺まで出向いて、座禅体験と無着さんに講話をお願いしたこともある。工業化が進み、モノがあふれ、作物を育てることとほど遠い生活をしている現代人にとって、土に触れることがいかに大切かと語る。また「できる子」を育てることよりも「わかる子」を育てていきたいと。
おかげさま農場と命名したのも無着さんだ。生きていることはたくさんの人やもののおかげ。おかげさまの積み重ねの中に今の自分が生かされているということを、きちんと感謝できる人であれと言われる。
現在、大分県国東市妙徳寺山泉福寺の住職。お話を伺わせていただいたのも久しぶりだ。もう80歳を過ぎていらっしゃると言う。でも相変わらずお話は面白く、生きる上での大切なメッセージがたくさんこめられていた。
時流に流されることなく本質のわかる人間になりたいと思う。そして目に見えるものだけに左右されることなく、目に見えないものの中にも大切なことがたくさんあるということを、きちんと見分けられる人でいたいと思う。
それでも生きていくことは迷いも多く、常に自分がどうあるべきかということを突きつけられる。そんな時、人としての道理を改めて示していただくことで、自分の中の軌道修正ができるような気がする。先人の教えというのはありがたいものだなあと思う。
無着さんの教えは確実におかげさま農場の中に伝わっている。そしてその野菜を分けていただいている私の心にも響いてくる。時代が変わっても、大切はことは必ず受け継がれていくのだと信じたい。すごくいいひとときだった。

|

« しだれ桜 | Main | カボチャとリンゴのサラダ »

Comments

いちさんありがとう。
お久しぶりです。長く書いていると、マンネリ化してしまうのが一番怖いなあと思います。ただ料理のことだけを書くのではなく、その時の気持ちを自分でも振り返りながら書いていけたらいいなあと思っています。
読んでいただく方からのお声が何よりの励みなので、またコメントいただけると嬉しいです。

Posted by: 風楽 | April 08, 2009 at 09:05 PM

sblogさんありがとう。
ブログ拝見しました。いろいろ幅広い分野で書かれているんですね。長く続けているといろんなリンクやトラックバックをしていただいて、自然に広がっていき、たくさんの方たちが見てくださるようになりますね。
私もかれこれブログは4年くらい続けています。お互いなが~く続けていきましょうね。

Posted by: 風楽 | April 08, 2009 at 09:02 PM

風楽さんの心のこもったお料理からも、
時にハッとさせられる文章からも
パワーをいただいております。

ブログから大切なメッセージ、ありがとうございます!

Posted by: いち | April 08, 2009 at 10:41 AM

今晩はsblogです、只今 風のたよりさんの記事を拝見致しました、有難う御座いました。
頑張って下さい。

Posted by: sblog | April 07, 2009 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44596126

Listed below are links to weblogs that reference 満開の桜:

« しだれ桜 | Main | カボチャとリンゴのサラダ »