« ぐるっと千葉の取材~たかきび餃子~ | Main | マンゴペースト作り »

May 14, 2009

サーターアンダギー

Dscf4010朝、定食の支度をしてから、サーターアンダギーを作った。福を呼ぶと言われている沖縄の伝統的なお菓子だ。サーターは砂糖、アンダギーは揚げ物のこと。簡単に言えば黒糖で作ったボール状のドーナッツ。小麦粉と黒糖、卵と油だけで作る簡単なお菓子だ。中国の開口球(かいこうきゅう)というお菓子にそっくりなので、琉球王朝時代、中国に渡った調理人たちがそれを学んで、帰国後、沖縄で作ったのが始まりではないかと言われている。沖縄ではおめでたい席には欠かせないお菓子だが、自分で作ってみるとよくわかった。なるほど油に落とした後、しばらくするとポッカリとひびが割れるのだが、それがまるでニコッと笑った人の口元のようなのだ。笑う角には福来ると言うからね。
じっくりと油で揚げるのだが、油断をしているうちにちょっと焦げてしまった部分もあったけど、大成功で美味しくできた。このお菓子のすごい所は揚げたてはもちろん美味しいのだが、常温で数日保存できるということ。たくさん作ったので、店頭に並べて販売することにした。
ここ数日、ずっとヒマな日が続いている。GW明けで皆さんお出かけするのを控えているのかな。この時期は毎年、一番忙しい季節のハズなのに、今年の5月はなんだか調子狂うなあ~。

|

« ぐるっと千葉の取材~たかきび餃子~ | Main | マンゴペースト作り »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サーターアンダギー:

« ぐるっと千葉の取材~たかきび餃子~ | Main | マンゴペースト作り »