« 茎わかめのピリカラ炒め | Main | 食品営業許可証の更新 »

May 10, 2009

中華サラダ麺

Dscf3992今日は久しぶりに忙しくなって定食も完売。朝、カナダからのお客様からマクロのお食事のご予約をいただいた。その後も途切れることなくお客様がいらっしゃった。にぎやかな日曜日の店内・・・たくさんの方に来ていただいて、一日中、活気があった。このところ日曜日も以前ほど混まなくなってきたので、とても懐かしい光景?だった。以前の日曜日はいつもこんな感じだったなあと久々の賑わいを喜んだ。やっぱり休日のお店はこうでなくっちゃ!
夕方、お店を閉めてから、お客様がいらした。今までも何度かお食事に来て下さったのだが、お話する機会がなかった。最近、別のお客様が紹介して下さったので、改めてご挨拶し、ようやくお顔とお名前が一致した。ちょうどアップルパイを焼いていたところだったので、ちょっとお茶でも飲みませんかとお誘いした。
同じ年だということがわかり、ちょっとのつもりが話し出すと止まらなくなり、気がつけば8時半に。なんだかものすごくいっぱいしゃべった。私と同じ頃、離婚されて実家に戻ってきたという。働きながら女の子を育て、ようやく一息ついたところだと話していた。
こどもを育てながら、大学に通い民族芸能などの勉強をされたと言う。とても幅広い知識と教養を持っている方でお話していても面白かった。宮本亜門、白洲正子、河合隼雄、ユング、三浦綾子、遠藤周作、桐野夏生、茂木健一郎・・・お互いに興味のある人たちの話題が次々に登場したり、それぞれの仕事観や夢を語ったりして、とても充実した時間になった。
一番共感したことは、離婚後女一人でこどもを育て、仕事もそれなりにがんばって自立していくことの大変さについてだ。そんな中でも自分のしたいことをないがしろにせず、自分の世界を持ち続けている方だった。だからこそ、たくさんお話できたのだと思う。これからもお友達として楽しくお付き合いしていけそうだ。
写真は、遅くなってしまったので、ほんの少しだけ残っていた中華サラダを、茹でた冷麺の上に乗せてサササ~っと食べた今日の夕食。

|

« 茎わかめのピリカラ炒め | Main | 食品営業許可証の更新 »

Comments

ふなばしさんありがとう。
私も水上まで去年は春の酵素を作りに行ったので懐かしいです。あそこまで足を伸ばすと帰りには温泉もあるし、地元の特産物もあるので、酵素+αの楽しみがありますね。それになんと言っても自然がいっぱいで草のエネルギーも高いし、湧き水もまた清らかですばらしいものでした。
千葉からのお客様どなたかなあ~?数えきれないほどの方に手作り酵素のことをご紹介したので、お名前をお聞きすればわかるかと思いますが。
紹介した私よりも皆さんの方が熱心に酵素作りを実践されていて、スゴイなあと思います。私は今年は新しい酵素は仕込まず、昨年の酵素を全部、飲んでしまおうと思っています。

Posted by: 風楽 | May 11, 2009 at 07:24 PM

おはようございます(^O^)

この週末に酵素作りに行ってきました!
今年は、水上手前の『農家民宿・かかし』さんに宿泊して裏庭や近くの山で草を摘んで作ってきました。

そして・・・ビックリすることがありました!

宿泊していた方の中に、翌日水上に酵素を作りにいらっしゃるという千葉在住のご夫婦がいらして・・・お話をしていたら・・・『風楽』さんのお客様でした(^◇^)
お互いに、サプライズなつながりにびっくりでした!

どこかで・・・なにかで・・・つながっている人との出逢いに驚きました(^O^)

まだ雪が残る谷川岳を眺めながら越後湯沢まで車を走らせ・・・無事帰宅しました!

Posted by: ふなばし | May 11, 2009 at 08:46 AM

Posted by: paiwan | May 10, 2009 at 10:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/44972197

Listed below are links to weblogs that reference 中華サラダ麺:

» 熟年離婚 原因 [熟年離婚 原因]
浮気やDV、また、女性の社会進出によって以前と比べると離婚率も変化しています。また、旧態然とした夫婦の関係に嫌悪感を抱く自由な考え方を持つ人にとっては、熟年離婚は夫婦が互いに自分らしく生きる一つの形だとしているようです。熟年離婚との言葉を耳にする機会が増えているようです。 ... [Read More]

Tracked on May 12, 2009 at 05:51 AM

« 茎わかめのピリカラ炒め | Main | 食品営業許可証の更新 »