« 大豆タンパクとヤングコーンのトマト炒め | Main | 下田農業ふれあい館へ »

June 10, 2009

新じゃがの肉じゃが

Dscf4206農家さんから無農薬の新じゃがをいただいた。トウヤというホクホクとして甘いじゃがいもだ。掘りたてなので水分も多い。皮つきのまま肉じゃが風にした。タンパク源はグルテンミートのブロックを竜田揚げにして添えた。成田の周辺地域で新じゃがが堀り終えると、入梅の日も間近となる。
今日は降りそうで降らなかった。お客様がとても少ない一日だったので、ちょうど午前中にいらした知り合いのお客様のお席に行っていろいろお話させていただいた。そのお客様はつい最近、大病をされたとのこと。でも病気になったことをきっかけに、今までの仕事の仕方や食生活を見つめ治す機会を得ることができてよかったと話されていた。
病気って何だろうといつも考える。確かに病気になるよりも健康でいたいと誰もが願っている。だけど病気は一つのシグナルだ。何かを見つめ直すためのきっかけになる。このままの生活を続けていたら体が持たないぞ!・・・という直前になって、ようやく人は今までの生活を改める。病気になることはつらいことだけど、ある意味、ダメになる前に見直すきっかけができたのでラッキーだったとも言えよう。
そう思うことができた時、人は変わる。そして何気ない日常の営みや健康のありがたさを痛感するのだと思う。今日、そんなお話をさせていただいた。
体が丈夫なので、今のところ私はおかげさまで元気に過ごしているけれど、体はいつどうなるかわからない。自分の身一つを自分で養っていかなければならないので、私も病気に対する不安は大きい。自営業の主が倒れたら、それこそその日から収入が途絶えてしまう。貯金もないその日暮らしなので、そうなったらどうしよう?なんて時々考えてしまうこともあるのだが、でも心配の種を撒いても何も実らない。
むしろ、いつも明るく笑いながら、生かされていることに感謝して、やりたいことを楽しくやって生きていることの方がずっと精神衛生上もいいだろう。今日もご飯を美味しくいただけた。お客様との会話から健康であることの幸せを実感し、夕方来た友達ともゆっくり話すことができた。お店を閉め一日の仕事を終えて、自分の部屋に戻る時、今日という日がどんな一日だったのかをふり返り感謝する。そんな穏やかな毎日が淡々と続いていくことが、今の私は何よりも嬉しい。

|

« 大豆タンパクとヤングコーンのトマト炒め | Main | 下田農業ふれあい館へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/45299071

Listed below are links to weblogs that reference 新じゃがの肉じゃが:

» 『肉じゃが』 [Shin's appetite]
新じゃが、新たまねぎが出ている。野菜の美味しい季節になった。こういったチャンスにたっぷりと野菜を摂るのが体にいいのだ。 櫛切りにした玉ねぎを炒めて、しんなりして [Read More]

Tracked on June 15, 2009 at 09:11 PM

« 大豆タンパクとヤングコーンのトマト炒め | Main | 下田農業ふれあい館へ »