« 古民家の修復 | Main | 材木運び »

July 02, 2009

父の病院へ

Dscf4337今日は父の誕生日だったので、渋谷の病院まで行ってきた。2時半で閉店してからすぐに出かけたので8時半頃には戻ってこられた。今まで店を閉めてから出かけていたので、いつも帰りは10時頃になってしまう。毎月2回は行こうと思いつつ、6月は忙しくて一度も行けなかった。ようやく今日は何とか時間が取れそうだったので、重い腰を上げて行ってくることにした。
誕生日のケーキ代わりに店で作ったチーズケーキを持っていったら、「美味しいよ。これ何の味?」と何度も聞きながらペロリと食べた。多分、85歳になったのだと思う。「お誕生日おめでとう」と言ったのだが、本人はキョトンとしていた。
入院してから3ヶ月。弟は今、父の入所できそうなホームを探しているのだが、都内なので中々入ることができない。今の病院は実家の近くにある個人病院なので、リハビリや談話室などの設備がなく、結局、何もすることがなく毎日、ずっとベットの上にいるだけだ。
すっかり歩く機能も衰え老け込んでしまった。でも今、誰もいない実家に帰ってもしょうがないので、入所先が見つかるまで、この病院にお世話になるしかないだろう。幸か不幸かもういろいろなことがわからなくなってきているのでかえってよかったのかもしれないと思う。今日も「この部屋の連中から次の役員を決めてくれと言われているので、今、誰に任せようかと悩んでいるところだ」なんてわけのわからないことを言っていた。病室をサラリーマン時代の部署と混同してしまったようだ(本人は至って大真面目に語っているのだが・・・)。
話していると他にもチグハグはことがいっぱい出てくるが、それについて深く追求はせず、「へえそうなの。よかったね」など適当な相槌をうっている。引越のことも多分、理解できないだろうなあと思ったので話さなかった。私が今何の仕事をしているのかもわからないし、子供たちもまだ小学生くらいだと思っている。
月に1~2回の顔見せでも私のことだけはまだしっかりわかっていてくれるので、それだけが救いだ。あと何度・・・いつもそう思いながら通っている。またしばらく時間を作るのが大変そうだが、今月中にもう一度は行こうと思っている。

|

« 古民家の修復 | Main | 材木運び »

Comments

いつも哲のことを支えてくれてありがとう。元気ですか?今はどこにいるの?
もしかしてまだ沖縄に行ってないのかなあ?
メールでもいいので近況を教えて下さい。
引っ越しても遊びに来てね!

Posted by: 風楽 | July 03, 2009 at 08:55 PM

お久し振りです。引越すと知りビックリしました!新しい家おめでとうございます☆
哲君が居たら、修復作業も進みそうですよね!
暑くなってきてますしバテないように気を付けてください。
哲君のお祖父ちゃん、ハンサムですね!お誕生日おめでとうございます。
写真を通してでも会えて嬉しいです。

Posted by: 憂 | July 02, 2009 at 10:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/45519078

Listed below are links to weblogs that reference 父の病院へ:

« 古民家の修復 | Main | 材木運び »