« 今日から再び修復作業 | Main | 縁側の入り口 »

August 08, 2009

茶の間の天井貼り

Dscf4502_2今日の修復作業はコタロウさんとコバヤシくんとタチバナさんと私の全部で4人。土間のすぐとなりの和室の天井は何もしないつもりだったのだが、掃除をしていたらあまりに脆くなっていることに気が付いた。天井を拭こうとすると、ボロボロとホコリが落ちてくるし、指が入るほどの隙間があちこちにある。これはもう思い切って全面貼り替えた方がいいかなとコタロウさんと相談し、昨日、杉板をたくさん買ってきた。朝、一番で杉板に電気かんなをかけ、その後、黒いペンキを塗って乾かしておいた。ちょうど乾かしている時にコバヤシくんが来てくれたので、天井貼りをスタート。
本当は引越する前にやっておきたかったのだが、荷物が入った今になってからの作業になってしまったので、ファックスやステレオなどに大きなバスタオルをかけて、ホコリが入るのを防いだ。それでも天井自体が汚れているので、ネーラーで釘を打ちつけるたびにホコリが落ちてきて、家の中は引越前の工事のような状態になってしまった。でも夕方にはコバヤシくんが全部、天井を貼り終えてくれたのでとてもキレイになった。だけど家財道具が並んでいる状態は、「現場」ではなくすでに「自分の部屋」になっているので、仕方のないこととは言え、以前よりも汚れるのが気になってしまった。
私はペンキ塗りの後は天井貼りの板の横を押さえる係。その後、手こねのセメントを作り、出窓下の土台の部分と入り口の扉の下にセメントを詰め込んだ。久々に全身真っ黒。ホコリだらけの仕事となった。終わった後、台所や和室を歩くと、足の裏が真っ黒になるので、修復の後は部屋中、雑巾がけをした。
一日の仕事を終え、シャワーを浴び、3人でご飯を食べながら、庭で焼いている木っ端やおが屑の炎を見ていた。ゆとりができたら庭で焚き火をして、魚や野菜を焼きたいな。

|

« 今日から再び修復作業 | Main | 縁側の入り口 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/45870501

Listed below are links to weblogs that reference 茶の間の天井貼り:

« 今日から再び修復作業 | Main | 縁側の入り口 »