« 庭師の仕事 | Main | 風(楽)のガーデン »

August 29, 2009

植木をライトアップ

Dscf4705厳しい残暑が続く中、今日も朝から庭師のコミヤマさんが来て下さった。今日は古民家の玄関へのアプローチの左側に木を移植し、素敵な庭園が完成した。私は今日、午前中は買物がいろいろあったので、コミヤマさんが到着した後、すぐ出かけた。2時間後に帰ってきたらビックリ。敷地内に車を入れるや否や梅の木が視界に飛び込んできたのだ。しかもしっとりと落ち着いた立ち姿で。車を降りるのももどかしく窓からコミヤマさんに「梅の木、すごくいいですねえ~!」と叫んでしまった。
実はこの梅の木、南側の隅っこの方にあったものだが、なんだか年をとっているように見え、もう寿命かもしれないなあと思っていた。でもその古さこそがこの梅の木の価値なのだとコミヤマさん。こうして年代がたって、木肌に苔が生えているような梅の木は買おうと思っても見つからないそうだ。
今まであまり気にも留めていなかった老木が、堀り起こされ、玄関の前に移植されてみると、本当に我こそはこの庭の主?と言う感じで、貫禄ある枝を静かに伸ばしていた。
すぐにお昼の支度をし、梅を見ながら土間でご飯を食べた。その後、コミヤマさんは休憩も取らずにひたすら造園作業。紅葉に添え木をしたり、百日紅を移植したり盛り土をしたりした。最後はユンボで梅の木の生えていた穴をさらに大きく掘って、目立たない場所にゴミ焼き場を作ってくれたり、今まで目障りで仕方なかった庭の真ん中にあったゴミ焼き場をキレイに整地してくれたり、これで庭が見違えるようにキレイになった。ユンボの威力もスゴイけど、それを駆使して次々に仕事を片付けていくコミヤマさんの体の動かし方もまたスゴイ。夕方、ハーブを植えに来てくれた友達も、いつのまにか素敵なアプローチが完成したのでとても驚いていた。
夜はイカとナスでネパールカレーを作り、3人でご飯。「ここにいると美味しくていっぱい食べちゃうから太るなあ~」と言っていたけど、あんなにキビキビと体を動かしているのだから、いくら食べてもきっと大丈夫ですよと私が保障?した。
夜、コミヤマさんを見送りがてら外へ出たら、ちょうど梅の木がセンサーライトに照らされていた。その向こうからは灯りのもれる古民家。なんてキレイなんだろう。こんな場所で毎日、緑を見ながら暮らせるなんて本当に幸せだ。早くお客様にも来ていただきたい。

|

« 庭師の仕事 | Main | 風(楽)のガーデン »

Comments

風香さんありがとう。
オープンはいつですか?とよく聞かれるのですが、あと少しだけお待ちくださいね。許可の関係でまだいつとははっきりお返事できなくてごめんなさい。でも9月上旬中にはオープンしたいと思っています。ブログでもお知らせしますので、ぜひいらしてくださいね。準備、毎日、がんばって進めていますよ~!

Posted by: 風楽 | August 30, 2009 at 08:44 PM

あぁ~。早く古民家レストランに行ってみたいな~heart01
毎日ブログを拝見し、ネットを通してワクワク感を味わっています。
たくさんの人の思いのこもった、素敵なお店になることでしょうねconfident

Posted by: 風香 | August 30, 2009 at 05:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46063315

Listed below are links to weblogs that reference 植木をライトアップ:

« 庭師の仕事 | Main | 風(楽)のガーデン »