« 厨房から見える風景 | Main | 連休が終わって »

September 23, 2009

レタス初収穫

Dscf4840畑に植えたレタスが大きく育った。とてもパリパリしていて美味しそうなので、そろそろ採り頃だなあと思いつつ、採るのがもったいなくて?そのままにしておいた。だけど今日はレタスがなくなってしまったので、朝、畑に行ってレタスを採ってきた。レタスのサラダではなく、定食のメインのおかずの下敷きに使うだけだから、一皿につき一枚程度の使用量だけど、少しずつちぎってお昼にお出しした。
たかがレタスだけど、私が作った初収穫の野菜。記念すべき第一号だ。すごく嬉しくてレタスを写した。みずみずしくて可愛らしかった。シルバーウィーク最後の一日は連休の中では一番出足が遅かった。ずっと忙しかったので、いつも賄いは2時過ぎになってしまうのだが、今日は久しぶりに開店早々賄いを食べられた。そして1時半頃には一度お客様が途切れたので、台所の椅子に腰掛け、アリミちゃんとヨウコさんと梅干しを食べながらいっぷくタイムができたほどだ。
そのまま終わってしまうのかなと思っていたら、その後、5名さまの定食が入ったり、ケーキセットのご注文が入ったり、4時頃までずっとお客様が途切れず、用意しておいたケーキも全部なくなってしまった。店が終わってから庭の水まきをしながら、ヨウコさんと柿もぎをした。木の上で虫に食われず完熟している柿はとても甘くなっているらしいので、オレンジが色濃くなっている柿を選んで丸かじり。仕事が終わった後、何となくみんなと庭で過ごしている時間が私は好きだ。アリミちゃんはホースを伸ばし水まきをしてくれた。
二人が帰るのと入れ違いにおかげさま農場の高柳さんがタエコさんと一緒にフラリと寄ってくれた。家に入るよりも前に庭の西側に作った畑に行って、「ダメだなこの土は。野菜が育たねえよ」と一言。裏庭の方がまだ土ができていると言われた。
私も西側の畑に関してはとても固い赤土だし瓦礫もいっぱいなので、かなり厳しいだろうなと思っていた。高柳さんはパッと土を見ただけで、「これは山の土だな」と判断。うちの西側の土は山の深い部分にある土が盛られているので、微生物はほとんど棲んでいない。だから命を育む生きた土になっていないのだそうだ。どうしたらいいのかとお聞きしたら、堆肥を入れて土作りをするしかないとのこと。
落葉や生ゴミをまとめて積み上げておいてもいいし、庭で使う程度の量ならば取りに行けば分けていただけるそうなので、近いうちに伺うことにした。今年の収穫は諦めるにしても来年の春撒き野菜はちゃんとやりたいので、少しずつ土を作っていけたらと思う。
とりあえず今日はレタスが収穫できたので、それだけでも嬉しかったのだが、畑を本格的に始めるとなるととても大変そうで勉強しなくてはならないこともいっぱい出てくるだろう。でも育っていく過程を見るのはきっと楽しいだろうな。もちろん収穫できた時の喜びもたっぷり。少しずつやっていけたらと思う。

|

« 厨房から見える風景 | Main | 連休が終わって »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46292313

Listed below are links to weblogs that reference レタス初収穫:

« 厨房から見える風景 | Main | 連休が終わって »