« 花の里へ | Main | 古民家でパン教室 »

September 29, 2009

マクロビオティック マルシェ

Dscf4860父が入院していた病院から老人介護施設に移った。特養は順番待ちでまだまだ入所できないので、民間の介護施設にとりあえず入所することにした。7月に病院に行って以来、ずっと古民家の修復と店と家の引越、店のオープンと激動の夏を過ごしてきたので、この2ヶ月、全く父に会いに行けなかった。弟から新しい施設に入ったという連絡を受けたので、ようやく今日、会いに行ってきた。恵比寿駅からちょっと歩いたが、近くにはお洒落なレストランがいろいろあって、施設の目の前は鳳蘭のスタジオになっていた。
明るく解放的ないい感じの施設で、お部屋のベットスペースもとても広くとってあった。ちょうど行った時は3時のお茶の時間だったので、それぞれが部屋から出て、ロビーでお茶とおやつをいただいて食べていた。読書コーナーやテレビを見るスペース、食堂、歩行訓練ができる場所などもあり、ただベットの上だけにいるのではなく、生活に何かしらの変化がつけられるのでよかった。ただ問題なのは料金。1ヶ月20万以上かかると聞いてビックリ。とても私などは入れない。
久しぶりに会ので私のことがもしかしたらわからなくなっているのではないかと心配だったが、顔はわかったようだ。「私の名前は?」と聞いたら「急に言われても出てこないからちょっと待って。ナンだったかなぁ?」と頭を抱えていた。「アイウエオのエ、アイウエオのイ・・・・」とヒントを出したら「あっエイコだ。エイコか・・・お宅、そんな名前だったの。エイコねぇ~ふ~ん」とよくわからない反応だった。もしかしたらエイコの顔はわかったけれど、娘だとは思っていないのかもしれない。車椅子に乗っている人たちを見て、「ここの人たちはみんな自転車に乗って廊下を走るから困る」とも言っていた。まあ顔を覚えていてくれただけでもいいか。
ちょうど通り道にあったので、行きがけに「マルシェ」に寄って遅めのランチを食べた。日替わりのマクロビオティックプレートは1200円。テンペのサンドイッチだった。そうだ。店もテンペのメニューを早く復活させなければと急に仕事のことを思い出す。こういう形でテンペのサンドイッッチもいいなあと思った。
それにしてもこちらへ越してから電車に乗るのは本当に久しぶり。2週間ほど前に一度、友達に会うため千葉まで行ったけれど、東京に行ったのは数ヶ月ぶり。ずっと工事していた日暮里のホームも改装が終わっていた。それにしてもここから駅まで車で行って、車を置いて電車に乗って・・・東京がますます遠くなり、面会に行くのも一日仕事になってしまった。

|

« 花の里へ | Main | 古民家でパン教室 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マクロビオティック マルシェ:

« 花の里へ | Main | 古民家でパン教室 »