« 古民家空間風楽 本日開店! | Main | 店の前の庭園完成 »

September 09, 2009

お花がいっぱい

Dscf4771昨日と今日にかけて、二日間、店が終わった後、区長さんや近くのお寺にご挨拶へ行き、大室地区の中でも同じ廓(くるわ)の方々のお宅を一軒一軒ご挨拶して回った。何もわからなかったので、大家さんにも一緒に回っていただいて助かった。この辺りは苗字よりも屋号で呼び合っているので、新参者の私には屋号を聞いても、どこのお宅だか全くわからない。引越してすぐ、お向かい3軒にはご挨拶に伺ったのだが、お店を開店するにあたって、改めて地域の皆さんへもお店のことを知っていただけたらと思った。
お客様が道に迷われることも多く、ご近所の方にお聞きすることだってあるだろう。どこでどう変わったのか、なぜかラーメン屋さんを始めるという噂になっていて?思わず笑ってしまったのだが、それもきちんと一軒一軒を回らなかったから、噂話に尾ひれが付いてしまった?のだと思う。
場所については特にお問い合わせのお電話が多いので、曲がり角の畑に目印の看板を立てさせていただけるようにお願いした。一度、いらっしゃれば、おわかりいただけるかと思うのだが、最後は畑の中の細い道を通るので、そこがとてもわかりにくいのだ。今日も一体、何本、行き方についてのお電話をいただいたことだろう。
昨日一日、厨房で動いてみて、自分の中で納得のいく動線が全くできていなかったということがわかった。ただモノが並んでいるだけで、そこまで手が回らなかったのだ。とにかく動きにくかった。それで今朝は厨房の仕事をする前に厨房の交通整理をした。まずお玉やお茶漉し、缶切りなどのキッチン小物をぶらさげられるように木ネジを打ち、ボールとザル、鍋などをそれぞれ分けてまとめて置き、布巾用の突っ張りポールを付け、それぞれの道具の配置を考えた。
その状態で今日の仕事を始めたら、徐々に体が馴染んでいき、だんだん使いやすくなってきた。今日はアヤコさんとエデラちゃんが手伝ってくれた。アヤコさんは元カフェのオーナーだけあって厨房の動線についてはかなりうるさい。これは私も同じだ。いつものんびり仕事をしていられるわけではなく、時間勝負で動かなければならない場合もある。そういう時は個人の手の早さもあるけれど、いかに効率よく動けるかという動線を意識した配置が重要になってくる。
そんなことを考えながら、配置を変えてみたら、これが案内、自分らしく動きやすいものになってきたようで、昨日よりも断然、仕事がしやすくなっていた。
今日来て下さったお客様は顔見知りの方が多く、茶の間でそれぞれの方とお話させていただいた。ブログを読んで下さっている方も多く、古民家修復に一喜一憂されていて、完成までハラハラドキドキ・・・。古民家空間風楽としてようやくオープンできたことを、共に喜んでいただることがとても嬉しい。
今、土間にはたくさんのお花が並んでいる。お祝いにいただいたものばかりだ。こんなにお花に囲まれたのは、ず~っと昔にやった結婚式以来?かも。明日は久々にチエコさんと仕事ができる。がんばろっと。

|

« 古民家空間風楽 本日開店! | Main | 店の前の庭園完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46166835

Listed below are links to weblogs that reference お花がいっぱい:

» 引越す時の挨拶 [引越し初心者マニュアル]
立つ鳥あとを濁さず。こんな言葉がありますよね。我が家は、もう二度と会わないかもしれないけれど、最後まで気持ちよく住んでいたいし、またどこで縁があるかわからないので挨拶はきちんと行っています。もちろん挨拶しない人もいるでしょうし、そのような地域もあると思います。その場合でも近所で会ったら一言お世話になりましたと言えると良いと思います。たとえお世話になっていなくても、挨拶って自分がされて�... [Read More]

Tracked on September 18, 2009 at 03:07 AM

« 古民家空間風楽 本日開店! | Main | 店の前の庭園完成 »