« パオのパン | Main | マクロビオティック マルシェ »

September 28, 2009

花の里へ

Dscf4855今日は予約も入っておらずお店はお休み。だけど何かと忙しい一日だった。午前中はエリート情報の新しい担当の方が挨拶がてら来て下さったので広告の打ち合わせ。古民家への移転をご住所のわかるお客様にはお知らせしたのだが、あとはブログやメルマガなどでお知らせするのみで、まだまだ皆さんにお伝えしきれていない。今回、北総よみうり新聞で紹介して下さりとてもよかったので、他にも地域に根ざした媒体を使ってお知らせをしたいと思っていた。それでちょうどいい機会なので広告をお願いすることにした。
昼からは芝山にある「花と緑の農芸財団」の花の里へ黒米を買いに行った。ここ数日、黒米なしで炊いていたのだが、やはり黒米が入った方が断然玄米が美味しくなる。朝、ケーキを焼いて持っていったので、お茶をいただき、しばしお話を。古民家の修復作業の時も花の里のスタッフが3人で来て下さってとても助かった。さっそくこの前の土曜日にはお食事にも来て下さって、「あの時、9月にオープンするって言っていたけど、あれを見てとても無理だろうなと思っていたんだ~。だけど本当に出来上がったんだね。あの古民家がこんなふうに変わるなんてね・・・」。
古民家の最初の状態を見ている人たちは、口に出しては言わなかったものの、皆、そんなふうに心配していたようだ。他でもない私自身でさえ、勢いでやるしかないと思ってはいたけれど、本当にお店ができるのだろうか?と不安でいっぱいだったのだから当然だろう。
笑いながら、そんな裏話?をしてお茶をいただいた。以前は仕事が終わってから買出しに行っていつも帰りが遅くなるか、たまのお休みが買出しで終わるかのどちらかだった。時間にあくせくしないで、日中にお茶を飲んでいられたのがすごく嬉しかった。帰りに白カボチャと冬瓜とブルーベリーとプチトマトと花オクラをお土産にいただいた。皆花の里の畑で採れたものだ。気持ちのいい縁側で写真を撮った。
その後は次男から金欠で大変というメールが来たので、スーパーでお米やインスタントラーメンや缶詰、レトルト食品などを買ってダンボールに詰め宅急便で送った。質よりも量で勝負。とりあえず外食しなくてもお腹を充たせれば。
3時に井戸屋さんが集金に来るので大急ぎで古民家に戻ったら、すでに到着して待っていた。ああ、どうしてこんなに集金の時は時間キッカリに来るのだろう。なけなしのお金を集めて支払ったらお財布の中のお札がなくなってしまった。全くこの井戸代は予想外の出費でしかも大金!本当に支払うのがツラかった(いまもツライけど)。
夕方は10月にお店の場所を借りてコンサートをしたいという方がいらして簡単な打ち合わせ。夜だと場所がもっとわかりにくくなってしまうけれど、古民家でのライブは面白いだろうな。私も年内に一度、何かコンサートを企画しようと思う。

|

« パオのパン | Main | マクロビオティック マルシェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46338005

Listed below are links to weblogs that reference 花の里へ:

« パオのパン | Main | マクロビオティック マルシェ »