« エリート情報の取材 | Main | 久しぶりの白米ご飯 »

October 04, 2009

中秋の名月

Dscf4892昨日は中秋の名月。夕方、宗吾霊堂の観月会に参加してきた。ここ数年、中秋の名月に合わせて、夕方から宗吾霊堂の大本坊を解放してコンサートや講談などの催し物が開催されている。今回は尺八と和太鼓のコンサートがあると紹介されていたので、友人を誘って仕事の後、久しぶりに宗吾霊堂まで足を伸ばした。境内に入ると松明が参道に沿って灯されていた。広い大本坊に入って荘厳な声明を聞いた後、尺八や琴、太鼓の音を楽しんだ。太鼓に合わせて唱えた般若心経は言葉のリズムが音に刻まれてスーッと体に入ってくる感じだった。
月が大好きなので、毎年、中秋の名月は誰かと一緒にお月見をすることにしている。家に帰ってから縁側で月を見ていたのだが、所々、厚い雲に覆われていて残念ながら昨日のお月様は大きな顔を見せてくれなかった。でも虫の声を聞きながら友達と縁側でご飯を食べ、静かな秋の夜長を楽しんだ。
うってかわって今夜は晴天なので、今、茶の間からちょうどぽっかり浮かんでいる満月が見える。Dscf4886名月の光にさらされて畑の作物もすくすくと育っている。いつのまにやらインゲンがなっていて、夕方、20本ほど収穫した。
今日もお店はすごく忙しくて、ピーク時はお待ちいただく方もいらっしゃった。ミエコちゃんとチエコさんには新しいスタッフがいないからと無理を言って手伝いに来てもらった。ずっと一緒に仕事をしてきた仲間なので、お互いの動き方もわかっていて、今日はこの3人だからやれたんだなという気がする。特にミエコちゃんは今日、満席のフロアを一人で取り仕切ってくれたので、相当大変だったと思う。でも厨房の方も手一杯でフロアに出ていく暇が全くなかった。お膳を持って土間を上がり降りするのは大変なので、もう少し動きやすくなるよう何か方法を考えなくては。
今夜は一人でお月見だが、忙しく働いた後、縁側にふっと座ってキレイな月を見ながらボーっとする時間があることの幸せをかみ締めている。古民家から見える月はとても美しいなあと思う。

|

« エリート情報の取材 | Main | 久しぶりの白米ご飯 »

Comments

ryujiさんありがとう。
ブログ覗かせていただきました。面白いブログですね。そしてかなり専門的で幅広い。イタリアンは知らないことばかりなので参考になりました。シェフをやっていらっしゃるのでしょうか?イタリアン教えていただきたいくらいです。これからもよろしくお願い致します。

Posted by: 風楽 | October 05, 2009 at 08:34 PM

立派なインゲン
取り立ての美味しさ
格別ですね

Posted by: ryuji_s1 | October 05, 2009 at 08:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46392952

Listed below are links to weblogs that reference 中秋の名月:

« エリート情報の取材 | Main | 久しぶりの白米ご飯 »