« マヤ暦講座とランチ | Main | 賑わった一日 »

November 27, 2009

古民家修復過程が見られます!

Dscf5106この前、ケータイをソフトバンクに変更した時、息子から「フォトビジョン」というサービスを2年契約で入れてほしいと頼まれた。名前だけ聞いても何のことだかわからないので、説明をしてもらった。小型のデジタルフォトフレームを購入すると、それには電話番号がついているそうだ。それでソフトバンクのケータイからそこに電話して画像を送信すると、勝手に受診してそれがフォトフレームにアップされるというサービスらしい。離れて住んでいるおじいちゃんおばちゃんなどのお宅に置いておいて、ケータイから画像を送ると、いつでも可愛い孫の写真が飾っておけるので喜ばれているとのこと。
だけど私には孫もいないし使う予定もない(どうせ使いこなせないし?!)。でも販売のノルマのようなものがあるらしく、珍しくそういう話をお願いされたので、仕方なく私も契約することにした。
私はケータイで写真はあまり撮らないので、何か別の使い方がないか聞いてみたところ、SDカードに画像を保存して差し込めば、終日、スライドショーのような形で写真を順送りして見られるとのこと。料理の写真や旅の写真はたっぷりハードディスクの中に保存してある。でもパソコンの中を人に見せる機会はあまりないので、ブログにアップしたり、プリントアウトでもしない限り、中々全部は紹介できない。
古民家の修復期間中も毎日、少しずつ写真を撮った。私が作業している時は手が離せないので、もちろん全ての工程を撮りきれたわけではないけれど、かなりの枚数になるので、これをSDカードに保存して、店内でフォトビジョンの電源を入れておけば、いらした皆さんに見ていただくことができるかなと思った。
手元に予備のSDカードがなかったので、買いに行ってさっそく画像を保存。そして今日、茶の間で画像を流しっぱなしにしておいた。小さな写真たて程度の大きさなので、テレビで観るような迫力はない。でも何気ないインテリアのようで、よく見ると画像が変わる?!ので、案外、面白いかもしれない。
朝、さっそくエデラちゃんに見てもらったら、「修復期間の一連の仕事がわかって、しみじみ見入っちゃうね~」と話していた。私は自分が撮影した画像については、全て、強烈に記憶に残っている。何度見ても、この画像に写っている古民家の中で、こうして画像を見ながら回想していられる「今」という時間のあることが不思議で仕方ない。
そして、そんな運命のめぐり合わせに心から感謝し、ありがたいという思いでいっぱいになる。
暑い夏だった。どれだけ涙を流したことだろう。そしてどれだけ笑い転げたことだろう。今年の夏は私にとって一生忘れられない時間になった。今でも画像を見ているだけでこみ上げてくるものがある。私の財産だ。
しばらく流しっぱなしにしておきますので、よろしかったらお時間のある時にでもご覧になってくださいね。

|

« マヤ暦講座とランチ | Main | 賑わった一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46873505

Listed below are links to weblogs that reference 古民家修復過程が見られます!:

» インテリア雑貨・キッチン雑貨・ベビー用品のインザリズム [インテリア雑貨ならインザリズム]
インテリア雑貨、インテリア収納、家具、キッチン雑貨やベビー用品のお手頃人気商品が入荷しました。インテリア雑貨ならインザリズムにお任せください。 [Read More]

Tracked on December 01, 2009 at 12:38 PM

« マヤ暦講座とランチ | Main | 賑わった一日 »