« 柚子仕事 | Main | 冬桜を見に »

December 07, 2009

畑の整備

Dscf5134_211月は本当に雨が多かった。11月中の私のお休みもほとんどが雨だった。畑の土を耕して、種まきをしたいと思っていたのだが、種を買ったままずっとできずにいた。朝、目が覚めた時の部屋の明るさで、その日のお天気がわかる。いいお天気だったので今日こそは種まきをしようと思った。その前に食材の発注や会計など、いくつかしなければならない仕事があったので、午前中いっぱいは台所のテーブルの上に書類を広げ事務作業を片付けた。
振り込みもしなければならなかったので、出かけたついでに近くのカレー屋さんに寄ってランチを食べた。ナンがとても美味しかったのでおかわりした。ナンだけは家庭で美味しく焼けないなと思う。あの美味しさはやはりタンドールで焼くからなのだろう。
畑作業があったのですぐに家に戻り、長靴にはきかけて裏庭から落葉が腐葉土のようになった土をネコ(一輪の手押し車)に乗せて西側運んだ。表土を耕し、その土と鶏糞を一緒に混ぜて畝を作ってルッコラを撒いた。丈夫なハーブだからいずれはこぼれ種で自然に増えてくれたらいいのだが、まず最初は自分の手で種を撒かなくては。
それから北側の土も耕し、すっかり撒く時期を逃がしてしまったけれど、ダメ元で大根の種を撒いた。今、畑に植えてあるものを収穫し終えたら、しばらく畑には作物がなくなってしまうので、少しでも芽が出たらと思うけれど、今の時期は厳しそうだ。
作業が終わって、お茶を入れようとしたら、突然シノダさんが来てくれた。「とてもいい気配になってきたけれど、水回りだけもう一度、お祓いした方がいいんじゃない?」というシノダさんのアドバイスに従い、急きょ浄化の儀式を始めることになった。塩を四隅に並べて祝詞をあげた後、水の流れる全ての場所を一ヶ所一ヶ所回って、塩をまき「祓い給え清め給え」と言いながら、最後にその塩を水で流していった。その後、クリスタルでできた音叉のようなものをならしながら、各部屋を清めていった。クリスタルの音が部屋ごとに全て違っていて不思議だった。忙しいのに風楽のことをいつも案じてくれて「やっと時間ができて浄化しに来られてよかった」と言ってくれる優しい人だ。ありがたい。
全ての工程を終えてから、チャイを入れて一緒に飲みながらあれこれ話す。私がこの場所で「ヨガとデトックスランチ」のような形で定期的にヨガ教室を企画したいんだけど・・・と話したら、シノダさんも「いやしの村」にヨガをやっていた友達がいて彼女に教えてもらえる場があったらと思っていたのだと言う。
ちょうどやりたいと思っている時にやりたい人が現れる。何かの流れがあるのだろう。紹介していただき、一度お会いして、ご一緒にできることがないかお話してみようと思った。

|

« 柚子仕事 | Main | 冬桜を見に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/46961594

Listed below are links to weblogs that reference 畑の整備:

« 柚子仕事 | Main | 冬桜を見に »