« マヤ暦講座と持ち寄りランチ | Main | パン教室と大忙しの一日 »

December 15, 2009

ベトナムコーヒーとエスプレッソ

Dscf5171友達が家に車を置いて、1週間ほどベトナムへ旅行に行ってきた。今日の早朝、成田に到着する飛行機で帰ってくるので早起きしてお迎えに行った。ちょうど私も今日はお休み。でも早起きして6時15分には家を出たらものすご~く寒かった。成田空港に向かう途中、ピーンとはりつめた霜柱の降りた畑の向こう側に、徐々に朝陽がのぼってくるのが見えた。冷たい空気の中で変化していく朝焼けの時間がとても美しかった。眠かったけど、冬の早朝ならではの光景だ。
お土産にベトナムコーヒー沈香の香木を買ってきてくれた。私もベトナムに行った時は、毎日、濃い目のベトナムコーヒーに甘い練乳を入れて飲んでいた。それが食事の後にとても美味しいのだ。小さなベトナムコーヒー用のドリッパー(カップに乗せて作るステンでできた一人用のサーバーのようなもの)とベトナムコーヒーを山ほど買って帰り、家でもしばらくの間、飲んでいた。でも今回の引越しを機に、もうドリッパーも使わないかなと処分してしまった。
友達が買ってきてくれたのは有名なコーヒーショップで焙煎しているベトナムコーヒーの深炒り豆。可愛らしい袋に入っていた。さっそくミルで細かく挽いて飲んでみることにした。もちろん普通のコーヒーフィルターでも淹れられるのだが、ガスコンロ用のエスプレッソマシンがあるので、この深炒り豆だったらエスプレッソ向きなのではないかなと思って、マシンで淹れることにした。
予想通り、ちょうどいい按配のエスプレッソになった。練乳も欲しいところだけど、そうそう甘いものばかり食べていられないので、ミルクをたっぷり入れて飲んだ。へビイな味なのだが、エスプレッソの方がカフェイン自体はレギュラーコーヒーよりも少ないらしい。
ベトナムの土産話を聞きながら、一緒に鯖のみりん干しと味噌汁と煮物でご飯を食べ、のんびりとした午後を過ごした。海外から帰ってきた日はとにかく味噌汁と焼き魚とお新香が何よりのご馳走だ。食欲がないと言いながら、味噌汁が美味しいねえと喜び、ご飯をお代わりしてくれた。
私がベトナムに行ったのはかれこれ12年以上前になる。ハノイから中国の国境近いサパとバハを回り、モン族の衣装をいろいろ仕入れてきた。あの頃と随分、変わっただろうなあ。誰かが行った話を身近に聞くと、また私も行きたくなって困る。

|

« マヤ暦講座と持ち寄りランチ | Main | パン教室と大忙しの一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47029292

Listed below are links to weblogs that reference ベトナムコーヒーとエスプレッソ:

« マヤ暦講座と持ち寄りランチ | Main | パン教室と大忙しの一日 »