« 出納帳入力 | Main | パン教室~中華まんじゅう~ »

January 19, 2010

ジダンゴ山へ

Dscf5315今日は山歩きの会の定例ハイキング。朝4時半に起きてお弁当を作り、待ち合わせ場所へと向かった。外は真っ暗で星がまたたいていた。今日の行先は神奈川県の松田町にある丹沢山系の一つジダンゴ山(やどろぎ)の自然休養村にバスを止めてそこから歩く軽登山だった。
ずっと忘れていたのだが、学生時代にYMCAのボランティアリーダーをしていた頃、中津川渓谷や寄のキャンプ場にはよくキャンプに行った。でも30年近くたって同じ場所に行っても当時の記憶は蘇らなかった。あの頃はキャンプに参加している子供たちと話したり遊んだりすることばかりで、実際にそこにある山や川や空の美しさなど、何も見えていなかったのかもしれない。それなりに自然豊かな場所に行ってテントを張ってキャンプをしたことは何よりの思い出になっているのだけれど、やはり年代によって見えてくるものが違うのだろう。
今日は何日ぶりかの快晴で気温もぐんぐん上がり最高の山歩き日和だった。ジダンゴ山は登山口から1時間半ほどで山頂に着く750mほどの低い山なので、気軽に日帰り登山ができる山として人気があるという。登りやすいわりには山頂の展望が四方に開けていて、とても美しい。馬酔木がたくさん群生していて、真っ白に雪化粧した富士山もくっきりと見えた。新緑や紅葉の頃に来たらもっと素敵だろうなあと思ったけれど、冬枯れの木立の中、落ち葉の絨毯の上を歩くのもまた何ともいい雰囲気だった。Dscf5319

その後、もう一つある小さな宮地山に登ってから、雑木林やお茶畑の横の斜面を降りるなど、たっぷり森林浴をしながら全部で2~3時間歩いた。空気は澄んでいて、ぽかぽかの陽射しがたっぷりで、歩くと汗ばむほどだった。とにかくきれいで気持ちのいい山々に囲まれ楽しかったのだが、思っている以上に斜面の下りがきつく最後の方はちょっと膝が痛くなってしまった。またハイキングシューズに足の指先が当って皮がむけていた。足元をもっとしっかり装備しないど、長時間は歩けないなあと思った。
帰りがけに入った温泉で足を伸ばした時、なんとお湯がありがたく感じたことか。明日の筋肉痛は必須かな。

|

« 出納帳入力 | Main | パン教室~中華まんじゅう~ »

Comments

いいですね。気持ちがよさそう。
私もどこかに行きたいです。

Posted by: コバ | January 20, 2010 at 03:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/47338395

Listed below are links to weblogs that reference ジダンゴ山へ:

« 出納帳入力 | Main | パン教室~中華まんじゅう~ »